*

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

046

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない

足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛みが軽減します。また、毎日続けることで脊柱管が広がりやすくなり、そこを通る神経の圧迫がへっていきます。ですから、長期的に見ても、症状が改善する可能性が高くなります。

この体操には、適応があります。効果が期待できるのは、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症です。腰椎すべり症は、何らかの原因で腰椎が主に前方にずれて神経を圧迫し、痛みやしびれが出る病気です。原因は違いますが、脊柱管が狭くなって症状が出る点は、脊柱管狭窄症と同じなので、すべり症にも有効です。

反対にやってはいけないのは、椎間板ヘルニアです。この病気は、椎間板からゼリー状の組織が後ろに飛び出して神経を圧迫する病気で、腰を丸めると症状が悪化します。

脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアかわからない人は、自分でチェックできます。前屈して腰が楽なら脊柱管狭窄症、後ろに反って楽なのが堆問板ヘルニアです。前にかがんで痛みがあるようなら、この体操はしないでください。また、骨租しょう症やギックリ腰による腰痛にも、効果はあまり期待できません。



関連記事

「これだけ体操」のおかげで腰を動かしても痛くないという実感が

腰痛があっても活動的に過ごすのが大事 腰痛に対する不安は、「恐怖回避思考」と呼ばれています。

記事を読む

腰痛やさまざまな痛みの原因である股関節の修正には「ひざゆらし」が効果的

悪い姿勢が全身の痛みや病気を招く いつも正しい姿勢を保つことは、健康で若々しくいるための必須条

記事を読む

腸腰筋の伸縮能力を高める「腹回し」

おなかを前に突き出すように 腸腰筋をゆるめるための3つめの方法「腹回し」です。腸腰筋は、円を描

記事を読む

指組みをすると、痛みがたちまち軽くなり、腰がスムーズに動かせるようになった

座骨神経痛が「指組み」で軽快した岡山県 53歳 男性の方の体験談です。 ひどいときは1カ月

記事を読む

腰痛持ちの医師が大きな効果を上げた「骨盤落とし」

手術を受けないことを選択 名古屋駅前にある、ほんべ眼科院長の本部千博先生は、20代のころから、

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑