*

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

046

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない

足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛みが軽減します。また、毎日続けることで脊柱管が広がりやすくなり、そこを通る神経の圧迫がへっていきます。ですから、長期的に見ても、症状が改善する可能性が高くなります。

この体操には、適応があります。効果が期待できるのは、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症です。腰椎すべり症は、何らかの原因で腰椎が主に前方にずれて神経を圧迫し、痛みやしびれが出る病気です。原因は違いますが、脊柱管が狭くなって症状が出る点は、脊柱管狭窄症と同じなので、すべり症にも有効です。

反対にやってはいけないのは、椎間板ヘルニアです。この病気は、椎間板からゼリー状の組織が後ろに飛び出して神経を圧迫する病気で、腰を丸めると症状が悪化します。

脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアかわからない人は、自分でチェックできます。前屈して腰が楽なら脊柱管狭窄症、後ろに反って楽なのが堆問板ヘルニアです。前にかがんで痛みがあるようなら、この体操はしないでください。また、骨租しょう症やギックリ腰による腰痛にも、効果はあまり期待できません。



関連記事

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

「横向き足抱え」のやり方 まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます

記事を読む

腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」のやり方

①大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)の位置を確認する。いすに座り、腸骨の最も前に出て

記事を読む

身体の冷えから来ていた腰痛が「足の指のまた刺激」で楽になった

頻繁に起きるめまいまで解消した愛知県 45歳 会社員 女性の方の体験談です。 慢性の腰痛は

記事を読む

肩こり・腰痛に効く腕立て伏せ

腕立て伏せは、腹筋と背筋の両面を同時にバランスよく鍛えるうえで効果の高い運動です。ここでは、

記事を読む

腰痛が治らない人にすすめ「アウアウ体操」のやり方

仕事中やテレビを見ながらでも出来る 大阪大学名誉教授の丸山剛生先生の咬合医療センターでは、

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑