*

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

046

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない

足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛みが軽減します。また、毎日続けることで脊柱管が広がりやすくなり、そこを通る神経の圧迫がへっていきます。ですから、長期的に見ても、症状が改善する可能性が高くなります。

この体操には、適応があります。効果が期待できるのは、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症です。腰椎すべり症は、何らかの原因で腰椎が主に前方にずれて神経を圧迫し、痛みやしびれが出る病気です。原因は違いますが、脊柱管が狭くなって症状が出る点は、脊柱管狭窄症と同じなので、すべり症にも有効です。

反対にやってはいけないのは、椎間板ヘルニアです。この病気は、椎間板からゼリー状の組織が後ろに飛び出して神経を圧迫する病気で、腰を丸めると症状が悪化します。

脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアかわからない人は、自分でチェックできます。前屈して腰が楽なら脊柱管狭窄症、後ろに反って楽なのが堆問板ヘルニアです。前にかがんで痛みがあるようなら、この体操はしないでください。また、骨租しょう症やギックリ腰による腰痛にも、効果はあまり期待できません。



関連記事

どこでもできるストレッチ・運動

仕事や家事で忙しい日が続くと、つい運動も怠けてしまいがちです。そんなときは、仕事の合間やリラ

記事を読む

「手の甲刺激」で途方に暮れていた腰痛がみごとに解消

  神奈川県 58歳 助産婦 女性の体験談です。 今まで経験したことのない

記事を読む

目の疲れによる腰痛には「耳ひっぱり」が効果的

目の酷使による腰痛が最も多い 整体院の患者さんが訴える症状で、圧倒的に多いのが腰痛です。腰痛に

記事を読む

腰痛を治すためには腸腰筋を強くすることも必要

座ったままできる 腰痛を治すためには、腸腰筋をゆるめるとともに、強くすることも必要になります。

記事を読む

腰痛に効果のある1日5分のストレッチ

腰痛予防・改善する背筋と腹筋の柔軟性や筋力を高める運動は、両者をバランスよくおこなう必要があ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑