*

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

046

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない

足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛みが軽減します。また、毎日続けることで脊柱管が広がりやすくなり、そこを通る神経の圧迫がへっていきます。ですから、長期的に見ても、症状が改善する可能性が高くなります。

この体操には、適応があります。効果が期待できるのは、脊柱管狭窄症や腰椎すべり症です。腰椎すべり症は、何らかの原因で腰椎が主に前方にずれて神経を圧迫し、痛みやしびれが出る病気です。原因は違いますが、脊柱管が狭くなって症状が出る点は、脊柱管狭窄症と同じなので、すべり症にも有効です。

反対にやってはいけないのは、椎間板ヘルニアです。この病気は、椎間板からゼリー状の組織が後ろに飛び出して神経を圧迫する病気で、腰を丸めると症状が悪化します。

脊柱管狭窄症か椎間板ヘルニアかわからない人は、自分でチェックできます。前屈して腰が楽なら脊柱管狭窄症、後ろに反って楽なのが堆問板ヘルニアです。前にかがんで痛みがあるようなら、この体操はしないでください。また、骨租しょう症やギックリ腰による腰痛にも、効果はあまり期待できません。



関連記事

腰ふり」のおかげで腰痛ベルトも湿布も必要なくなった

10年来の腰痛が消失し元気に仕事ができるようになった兵庫県 56歳 介護職 女性の方の体験談

記事を読む

「これだけ体操」で腰痛がほとんど起こらなくなった

手術を勧められたほどの腰痛が改善した東京都 42歳 看護師 女性の方の体験談です。 5分も

記事を読む

腰痛が治らない人におすすめ「ショウガ湿布」のやり方

汗をかきやすくなり便通もよくなる では、ショウガ湿布のやり方を紹介します。 ①用意す

記事を読む

腰痛の改善には足指のつま先まで使うことが重要

足が内旋してしまい腰痛を引き起こす メディカルトレーナーの夏嶋隆先生が、足指のつま先を使うこと

記事を読む

ギックリ腰に即効性がある、手の甲を刺激する「指組み」

筋肉がこわばるとギックリ腰を起こしやすくなる 重いものを持ったり、体をひねったりした瞬間、ギク

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑