*

「ショウガ紅茶」でヘルニアと座骨神経痛による腰痛が改善

公開日: : 腰痛改善体験談

030

愛知県 57歳 主婦の方の腰痛改善体験談です。

整骨院に通ってもなかなかよくならない

私は長年、椎間板ヘルニア(ヘルニアの一種で、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態)と座骨神経痛に悩まされてきました。そのため、整骨院に通院していましたが、なかなかよくならず、痛みを常に引きずりながら、毎日をやり過ごしていたのです。

かなりの冷え体質のため、厚手の靴下が手放せないのはもちろんのこと、おふろにも長めに入るようにしていたほどでした。

そんなとき、友人から、腰痛に効くといわれているマッケンジー体操について教えてもらいました。痛みから早く解放されたかった私は、その体操が掲載されている『腰の激痛、しびれがピタリと消える自力療法』という本を早速手に入れて、読んでみたのです。

マッケンジー体操のほかにも、腰痛の対処法について、いろいろ書かれていました。その本の中で私の目に留まったのは、黒糖ショウガ湯でした。

というのも、私はここ数年、ショウガ紅茶を飲んでいたからです。極度の冷え体質が、以前よりもなんとなく落ち着いているのは、この習慣のおかげかもしれません。

「やっぱり、ショウガは冷え症にいいんだ」と期待したものです。

私の場合、温かい紅茶に、すりおろしたショウガの搾り汁と黒糖を入れたものを飲んでいました。

ところが、今から2~3年前に知ったのですが、体の芯から温めるには、紅茶に生のショウガを入れるよりも、乾燥したショウガを入れるほうがいいそうです。

そこで、私はショウガ紅茶の作り方を変えました。薄くスライスしたショウガを干して、カラカラに乾燥させます。それを細かく刻んだものと黒糖を、紅茶の中に入れて、毎朝飲むようにしたのです。

飲み始めたころは、正直、その違いがわかりませんでした。しかし、しばらくして思わぬ形で、効果が発揮されていたのです。

灯油の使用量が例年より少ない

毎年冬になると、暖房用の灯油(18ℓ入り)を、1シーズンで12本ほど使っていました。それが、今年はいつもの冬よりもずっと寒かったにもかかわらず、8本ほどで済んだのです。

この冬は灯油の値段が高騰していたので、できれば、灯油の使用量を少なくしたいと思っていたので、とてもうれしかったです。

暖房を例年ほどつけなくても済んだのは、冷えが取れ、体が芯から温まっていたからでしょう。そのためか、今では腰の痛みもだいぶよくなり、ほとんど感じないほどです。

それと、昨年まで寝るときに湯たんぽを2つ使っていたのが、この冬は1つだけで済みました。

整骨院の先生からは、もっと体を動かしたほうがいいといわれていたので、ラジオ体操をしたり、自転車に乗ったりしていたのも、もちろん影響していると思います。

それにしても、ショウガ紅茶を長年飲み続けていたことが、体全体、特に腰の冷えを取るのに、かなり大きな助けになったのでしょう。

まだ、腰痛が完全に治ったとはいえませんが、だいぶ軽快しています。これから暑い時期になりますが、油断せず、ショウガ紅茶を飲み続けて、体を冷やさないようにしていこうと思っています。

イシハラクリニック副院長 石原新菜先生の解説

ショウガの辛み成分の一つであるショウガオールには、体を温める効果があります。ショウガオールは乾燥させることで、その含有量が増加し、かつ、紅茶で、温められることでも増加するのです。こうして増量されたショウガオールの働きで体が芯から温められ、血行がよくなり、極度の冷え体質が改善されました。その結果、腰痛も軽快してきたと考えられます。

 



関連記事

腰痛や肩こりなど、体のさまざまな不調が改善した「耳つかみ」

耳つかみで足の長さもそろった石川県 62歳 主婦の方の体験談です。 重い掃除機を運んだり引

記事を読む

長い間治らないと悩んでいた腰痛がたった2回のショウガこすりで消えた

大阪府 52歳 会社員 男性の腰痛改善体験談です。 どんな体勢でも痛みが出ない 私は

記事を読む

「大また歩き」で脊柱管狭窄症による腰の痛みが解消

宝塚医療大学鍼灸学科教授 西条一止先生の体験談です。 突然腰痛が再発した 腰痛が初め

記事を読む

ひどかった腰痛が「わき腹つまみ」で改善し生理痛も軽減

寝ても座っても立ってもつらい腰痛が、わき腹つまみで治った東京都 34歳 会社員 女性の方の体

記事を読む

動けないほどのギックリ腰の痛みが「アキレス腱蒸し」で消えていった

佐賀県 38歳 会社員 男性の方の体験談です。 ギックリ腰になりそのまま動けなくなった

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑