*

「爪もみ靴下」で腰痛の状態を大きく改善

公開日: : 腰痛解消グッズ

048

はくだけで爪もみと同様の効果がある

十数年前から、長野歯科医院副院長の長野俊彦先生は腰痛に悩まされてきました。発症したその当時、整形外科で診察を受けたところ、「脊椎分離すべり症」という診断でした。そして、「治らない病気なので、悪くなったら手術するしかありませんね」と宣告されてしまったのです。

長野先生は歯科医ですが、腰痛や首痛は職業病です。たいていの歯科医は患者さんの右側に立ち、体を患者さんの上に傾けて、ほとんどの治療を行います。このため、不自然な負荷が腰や首などにかかるのです。その結果、多くの歯科医が腰痛や首痛などに悩まされるようになります。

長野先生も、この例にもれず、首痛が持病で、腰の状態も年々悪化していきました。その後も、整形外科や鍼灸院などを転々として、さまざまな治療を受け続けてきたのですが、状態は悪くなるばかりだったのです。

そんな腰の状態を大きく改善してくれたのが、「爪もみ靴下」でした。手足の爪の生え際をもんで、神経や血液の流れをよくする「爪もみ」という健康法があります。この靴下は、はくだけでそれと同様の効果があるそうです。

長野先生は歯科医として西洋医学を学んできましたが、東洋医学にも関心があり、歯科医のかたわら学校に適って、鍼灸師と按摩指圧マッサージ師の資格も取っています。また、西洋医学に限定されない幅広い治療法を学ぶため、いろいろな勉強会に参加してきましたが、その勉強会の1つで勧められたものが、「爪もみ靴下」でした。



関連記事

「美尻スパッツ」をはいて姿勢を正し腰痛を軽減する

はいているだけで筋肉を鍛える! 「美尻スパッツ」をはくと、スパッツが自分の筋肉と一体化し、

記事を読む

足にゴムバンドを巻くことで足腰が疲れにくくなった

足が軽くなり疲れ知らずの体に変身した埼玉県 52歳 パートタイマー 女性の方の体験談です。

記事を読む

「足指曲げ」の効果でつらかった腰痛が改善

足の内旋が腰痛の原因だった スポーツジャーナリストの石井隼人さんは、17年前、全国中学校サッカ

記事を読む

「巻きタオル」で本来の正しい座り方にすれば腰痛が消える

正しい姿勢で座っている人は少ない 人間はまっすぐ立っているとき、最も腰への負担が少ないといわれ

記事を読む

おなかにひもを巻くだけで不思議と腰痛が解消!

薬も湿布も効かなかった腰痛が解消した埼玉県 52歳 会社員 男性の方の体験談です。 冬場は

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑