*

「大また歩き」で脊柱管狭窄症による腰の痛みが解消

048

宝塚医療大学鍼灸学科教授 西条一止先生の体験談です。

突然腰痛が再発した

腰痛が初めて発症したのは、10年前のことです。年末に母が亡くなり、慌ただしく葬儀を済ませた直後から、腰が痛くなりました。腰の右側から下半身にかけて痛みとけいれんがあり、階段の上り下りができなくなったのです。

当時、私が学長を務めていた大学の診療所で検査を受けると、脊柱管狭窄症(脊髄などの神経の入った、背骨を通る管が狭くなる病気)と診断されました。

私は鍼灸治療で教鞭をとっていますから、病名がわかれば自分なりの治療ができます。このときは家庭用低周波治療器で、最も症状の強い患部(腰の右側とすねの外側)を通電治療し、1カ月半ほどで症状は治まりました。

その後、何事もなく過ごしていましたが、1昨年の正月、突然腰痛が再発しました。今度は左足です。痛くて左足を前に出すことができず、引きずるように歩いていました。そこで、自分でできる治療を全部試みましたが、あまり効果がなく、消炎鎮痛剤の世話になりました。

鎮痛剤を使わずに痛みが治まった

これを皮切りに、その年の9月までの問に5回も再発をくり返しました。症状は、いずれも同じです。9月の再発時は、大学の実習指導の際に無理な姿勢をとったのが災いし、ほとんど歩けなくなってしまいました。

こんなに再発するのはおかしいと思い、4回目の再発の後、診療所で再度検査を受けました。MRI(核磁気共鳴画像診断)で見ると、腰椎(背骨の腰の部分)の4番と5番の間の椎間板が完全につぶれていました。これでは、痛いわけです。

おそらく、以前に診断された脊柱管狭窄症が徐々に悪化し、8年たって椎間板がつぶれてしまったのでしょう。

私の腰痛は炎症が強かったため、再発のたびに消炎鎮痛剤に頼っていましたが、4回目の再発の少し前に、ある靴と出会い、大股歩きをするようになりました。大股歩きをしていると、痛みが再発しても、鎮痛剤を使わずに2週間くらいで痛みが治まります。

痛みで歩けなくなってしまった9月の再発も、それで乗り越えられました。その再発を最後に、痛みは1度も出ていません。それどころか、以前より健脚になり、74歳になる今も、かなりのスピードで歩けます。



関連記事

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛み

記事を読む

脊柱管狭窄症で足腰のトラブルを訴える人が急増

まずは症状を軽くして悪化・進行を防いでいく 「腰から足先にかけてジンジンしびれ、どリビリと

記事を読む

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが

記事を読む

「手のひらバンド」で腰痛で生活が不自由になることが激減

手にバンドを巻くだけで十年来の股関節痛が改善し、腰痛も軽減した大阪府 47歳 鍼灸師 男性の

記事を読む

「おなかもみ」のおかげですぐに腰の痛みが軽くなった

東京都 60歳 主婦の方の体験談です。 おばあさんみたいな自分の姿にショック あるとき、

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑