*

「多層チタンチップ」で腰の痛みが和らいだ

公開日: : 腰痛解消グッズ

021

光触媒の作用で血行をよくする

首や肩、腰やひざなどの慢性的な痛みを発症している部分のほとんどは、血流が滞っています。血行不良に陥ると疲労物質の乳酸が排出されにくくなって体内にたまり、その結果、筋肉が痛むようになります。また、筋肉が弱ると正しい姿勢を保てないので、頚椎症や首の痛み、脊柱管狭窄症などの腰痛を発症します。

つまり慢性的な痛みを解消するには、まず血行をよくすることから始めなければなりません。

代官山山口整骨院では、慢性的な痛みの症状がある患者さんには、「多層チタン」をお勧めしています。実際、「多層チタンのチップ」と「多層チタンのネックレス」を使用した人のほとんどから、「痛みが和らいだ」「楽になった」と喜びの声をいただいています。

多層チタンとは、セラミック(金属酸化物を高温で焼結したもの)に、酸化チタンを数層にわたってコーティングしたものです。これにより、酸化チタンの光触媒反応が飛躍的に高まるのです。

「光触媒」といわれても、なんのことやらわからない人のほうが多いと思います。触媒とは、それ自体は変化しないまま、接触するまわりの物質の化学反応を促進したり抑制したりする物質のことをいいます。光触媒は、光や電気、熟などに反応して抗菌作用・消臭作用・防汚作用・分解作用などを起こします。

その代表物質が、酸化チタンです。また、多層コーティングによって、本来の光触媒効果が何倍にも高まります。

酸化チタンは、光触媒反応により人の体温などに反応を起こし、遠赤外線を増幅することで、密着させた部分の血流を促し、筋肉のこりを緩和すると考えられます。

代官山山口整骨院院長の山口良純先生も「多層チタンのネックレス」をつけてみて、1分もしないうちにチタンの密着した部分が温まるのを感じました。また、20分ほどで体の奥から温まり、血流のよくなることを実感できました。



関連記事

足にゴムバンドを巻くことで足腰が疲れにくくなった

足が軽くなり疲れ知らずの体に変身した埼玉県 52歳 パートタイマー 女性の方の体験談です。

記事を読む

腰痛が改善する金紙・銀紙療法のやり方

必ず指で押して確認して金紙・銀紙をはること 具体的な金紙・銀紙療法のやり方をご説明しましょ

記事を読む

「ゴムバンド整体」で腰痛、ひざ痛、股関節痛が改善!

体のゆがみを整えることが必須 「歩くたびに関節がズキズキする」「腰や首の痛みが、いつまでも治ま

記事を読む

「爪もみ靴下」で腰痛の状態を大きく改善

はくだけで爪もみと同様の効果がある 十数年前から、長野歯科医院副院長の長野俊彦先生は腰痛に

記事を読む

手の甲に金紙と銀紙をはるだけで腰痛や肩こりが解消

1分もたたないうちにひどい肩こりが消えた 「金紙・銀紙療法」とは、手の甲に金色と銀色の小さ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑