*

脊柱管狭窄症で足腰のトラブルを訴える人が急増

公開日: : 脊柱管狭窄症による腰痛

049

まずは症状を軽くして悪化・進行を防いでいく

「腰から足先にかけてジンジンしびれ、どリビリと痛む」「休み休みしないと、長く歩けない」など、足腰のトラブルを訴える中高年が急増しています。

下肢のしびれや痛みを生じる場合は、「脊柱管の狭まり」や「腰椎(腰の部分の背骨)のすべり」を疑う必要があります。症状が悪化すると、歩くこともままならなくなり、寝たきりになるケースも出てきます。

これが、現代人にふえている「脊柱管狭窄症」です。耳慣れない病名ですが、中高年の腰痛の原因の多くを占めています。

人間の背骨は、頚椎(首の部分の背骨)、胸椎(胸の部分の背骨)、腰椎と計24個の椎骨が連なっています。その背骨の中にあって、神経の束と血管を通す細長い空間のことを「脊柱管」といいます。

加齢などが原因で骨がもろくなると、この空間が狭まってきて、神経や血管を圧迫し、しびれや痛みを招きます。これが、脊柱管狭窄症です。

また、腰椎がずれる「腰椎すべり症」でも、同様のしびれや痛み、歩くと足がしびれて途中で休まないと歩けない状態(間欠性跛行)が起こります。手術はしたくないもの。年のせいとあきらめず、まずは症状を軽くして、悪化・進行を防いでいくことが大切でしょう。



関連記事

「おじぎストレッチ」は、坐骨神経痛だけでなく間欠性跛行の改善にも有効

脊柱管狭窄症の90%以上に間欠性跛行が起こる 腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)の忍者

記事を読む

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが

記事を読む

脊柱管狭窄症の症状が改善する足抱え体操のやり方

脊柱管が広がりその場で痛みが軽減 足抱え体操は、患者さんだけでなく、竹谷内医院院長の竹谷内

記事を読む

脊柱管狭窄症による足腰のしびれや痛みに「シトルリン」

NOの生成を助ける成分 今、医師も注目している有用成分があります。それは、スイカの果汁に含

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑