*

脊柱管狭窄症で足腰のトラブルを訴える人が急増

公開日: : 脊柱管狭窄症による腰痛

049

まずは症状を軽くして悪化・進行を防いでいく

「腰から足先にかけてジンジンしびれ、どリビリと痛む」「休み休みしないと、長く歩けない」など、足腰のトラブルを訴える中高年が急増しています。

下肢のしびれや痛みを生じる場合は、「脊柱管の狭まり」や「腰椎(腰の部分の背骨)のすべり」を疑う必要があります。症状が悪化すると、歩くこともままならなくなり、寝たきりになるケースも出てきます。

これが、現代人にふえている「脊柱管狭窄症」です。耳慣れない病名ですが、中高年の腰痛の原因の多くを占めています。

人間の背骨は、頚椎(首の部分の背骨)、胸椎(胸の部分の背骨)、腰椎と計24個の椎骨が連なっています。その背骨の中にあって、神経の束と血管を通す細長い空間のことを「脊柱管」といいます。

加齢などが原因で骨がもろくなると、この空間が狭まってきて、神経や血管を圧迫し、しびれや痛みを招きます。これが、脊柱管狭窄症です。

また、腰椎がずれる「腰椎すべり症」でも、同様のしびれや痛み、歩くと足がしびれて途中で休まないと歩けない状態(間欠性跛行)が起こります。手術はしたくないもの。年のせいとあきらめず、まずは症状を軽くして、悪化・進行を防いでいくことが大切でしょう。



関連記事

腰痛やひざ痛、股関節痛などを改善する「足首回し」

ゆがみの連鎖が痛みを招く 「足首回し」は、腰痛やひざ痛、股関節痛などの改善に役立つことから、所

記事を読む

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛み

記事を読む

「大また歩き」で脊柱管狭窄症による腰の痛みが解消

宝塚医療大学鍼灸学科教授 西条一止先生の体験談です。 突然腰痛が再発した 腰痛が初め

記事を読む

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

「足抱え体操」が脊柱管狭窄症による腰痛を軽減

腰や背中を丸めた姿勢で座ると腰に負担がかかる どんな腰痛もつらいものです。そのなかでも、治

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑