*

脊柱管狭窄症による足腰のしびれや痛みに「シトルリン」

公開日: : 脊柱管狭窄症による腰痛

050

NOの生成を助ける成分

今、医師も注目している有用成分があります。それは、スイカの果汁に含まれる「シトルリン」という成分です。シトルリンは日本で発見された機能性成分で、アミノ酸の一種。しびれや痛みの改善に役立つと話題の成分なのです。医療法入社団杏仁会大雪病院の整形外科医師の稲尾茂則先生に伺いました。

「脊柱管狭窄症や腰椎すべり症による、下枝のしびれや痛みの原因の1つは、血液のめぐりの悪さです。私が注目しているのは、シトルリンによるNO(一酸化窒素)サイクルの活性化です。血管の内皮細胞では、NOサイクルによってNOが合成されますが、このNOは血管全体を拡張させ、血流をスムーズにする働きがあります。NOサイクルにおいて、シトルリンは重要な働きをします」(稲尾先生)

NOは血管を広げ、柔軟性を保って血流をよくします。さらに、血中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血球が血管壁に付着するのを抑制するなど、近年の研究で健康効果がわかってきました。シトルリンは、NOの生成を助ける成分なのです。

シトルリンの作用で症状の軽減効果が期待できる

「シトルリンが体内に取り込まれると、アルギニンというアミノ酸の一種に変換されます。そのアルギニンは、再び体内でシトルリンに変換されますが、そのときに再生されるのがNOなのです。シトルリンはNOサイクルを活性化させ、血流をスムーズにする成分として、私は注目しています」(稲尾先生)

足腰のジンジン・ビリビリの原因は、神経や血管が圧迫されることによる血流不全でした。しかし、NOサイクルを活性化させて血流を改善するというシトルリンの作用で、症状の軽減効果が期待できるでしょう。

実際、シトルリンを配合したサプリメントを飲用して、足腰のしびれや痛みが軽くなり、元気に歩けるようになった人たちも少なくありません。これなら毎日継続して摂取することも可能でしょう。このサプリメントには、傷ついた神経細胞をケアするビタミンB2、骨の成長をサポートする卵黄ペプチド、しびれや痛みの緩和に役立つ非変性Ⅱ型コラーゲンなど、注目の天然素材も配合されています。



関連記事

腰痛を起こす脊柱管狭窄症

高齢者に見られる 脊髄神経の通る孔である脊柱管が庄迫されるのが、「脊柱管狭窄症」です。生ま

記事を読む

「足抱え体操」が脊柱管狭窄症による腰痛を軽減

腰や背中を丸めた姿勢で座ると腰に負担がかかる どんな腰痛もつらいものです。そのなかでも、治

記事を読む

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

腰痛やひざ痛、股関節痛などを改善する「足首回し」

ゆがみの連鎖が痛みを招く 「足首回し」は、腰痛やひざ痛、股関節痛などの改善に役立つことから、所

記事を読む

「大また歩き」で脊柱管狭窄症による腰の痛みが解消

宝塚医療大学鍼灸学科教授 西条一止先生の体験談です。 突然腰痛が再発した 腰痛が初め

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑