*

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

044

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る

清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性跛行を訴える脊柱管狭窄症の患者さんには、外出時でも立ったまま行えるおじぎストレッチを指導しています。

立って行うおじぎストレッチは、痛いほうの足を半歩ほど後ろに引いて間隔を取ります。このときもニュートラルポジション(それ以上に反らすと症状が現れる上体の傾き)を始点にしてください。あとは、深くおじぎをする要領で前屈をするだけです。

基本的な動作をマスターできたら、効力アップ法にも挑戦しましょう。まずは、利き腕と反対側の手を頭上に上げながら前屈してください。

次に、腹式呼吸に合わせて前屈を行いましょう。おなかをへこませながら口から息を吐き出し、おなかを膨らませながら鼻から息を吸い込みます。

回数は、間欠性跛行が起こるたびに10回程度を目安に行えばいいでしょう。おじぎストレッチを行うと、すぐに、ふだんより長い距離を一度に歩けることが実感できるはずです。

これまで、自宅からバス停まで歩く途中、3回休まなければならなかつた人は、おじぎストレッチを行うことで2回、あるいは1回だけ休めば行けるようになるでしょう。

 



関連記事

腸腰筋の筋力チェック

腰痛が治らない人は、腸腰筋の柔軟性を取り戻すことが大事です。そこで、あなたの腸腰筋が今どのよ

記事を読む

「足抱え体操」が脊柱管狭窄症による腰痛を軽減

腰や背中を丸めた姿勢で座ると腰に負担がかかる どんな腰痛もつらいものです。そのなかでも、治

記事を読む

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」は、脊柱管狭窄症以外の腰痛ではやってはいけない

ほかの病気が原因で起こる足腰の痛みには不向き なぜ、「横向き足抱え」と「腰丸め体操」が有効なの

記事を読む

なぜ、おなかをもむと腰痛が治るのか

腹筋や背筋を鍛えただけでは慢性腰痛は解消しない 慢性腰痛の場合、改善するには、腹筋や背筋を鍛え

記事を読む

背筋を鍛える筋力トレーニング

立っている姿勢や座っている姿勢を保つためには、腰椎の後方にある脊柱起立筋などの筋肉を緊張させ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑