*

腰痛のタイプの違い

公開日: : 腰痛の知識

040

痛みのタイプさまざま

ひと口に腰痛といっても、痛み方はさまざまです。痛みのタイプについて、基礎的なことを知っておくと、医師に症状を説明する際などに役立ちます。

①時間の経過-急性か慢性か

突然、起こった痛みなのか、いつのまにか始まっていて、がまんできないほどになったのはいつごろかなどです。

②体の動きとの関連性-動くと痛いか、じっとしていても痛いか

動くと痛みが強くなるのを「運動時痛」といい、じっとしていても痛いのを「自発痛」といいます。

一般的に、老化による腰椎の変性が原因の場合は、静かにしていると痛まないのに、運動時痛が生じることが多いものです。運動時痛には、ある特定の動作をすると痛む場合と、体を動かすだけで痛む場合があります。

自発痛は、腰椎の骨折・炎症など重い病気でみられますが、それ以外の内臓の病気や感染症、腫瘍などが原因の場合もあります。

とくに、がまんできないほどの痛みがあり、熱や冷や汗が出る場合は、緊急を要することもあります。

③痛みの範囲-腰だけか、腰以外にも広がっているか

痛みは腰だけなのか、体のほかの部分も痛むのかは、診断のうえで重要です。とくに、お尻や足まで痛むときは、神経の圧迫が考えられます。

腰以外の部分の痛みには、「放散痛」と「関連痛」があります。放散痛は、動いたときなどに、他の場所が響くように痛むものです。関連痛は、動作には関係なく、内臓の病気と連動するように腰背部が痛みます。



関連記事

腰痛には安静が必要なのか

不安や恐怖が強いと痛みが起こりやすい 腰痛といえば、「まず安静」と思っている人も多いでしょう。

記事を読む

腰痛は2本足で立つ人間の宿命の病気

腰痛を訴える人は非常に多い 厚生労働省の平成14年の調査では、健康状態に関する自覚症状のう

記事を読む

腰痛を起こす原因:姿勢

悪い姿勢が骨の変形を起こす 姿勢が腰に与える影響は非常に大きく、悪い姿勢は腰に負担をかけて

記事を読む

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っている

記事を読む

人間の腰には大きな力がかかっている

腰椎を中心に体のバランスを保つ 人間の体は、腰椎を支点として、前方の上半身の重さと後方の腰

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑