*

「廃用症候群」で腰痛は慢性化していきます

公開日: : 腰痛の知識

039

腰痛は慢性化しやすい

腰痛は、治っても再発することが多く、慢性化しやすい病気です。

腰痛が慢性化しやすいのは、老化や体の使いすぎ、骨密度の低下など、腰痛を起こしやすい条件がすでにある人の場合で、多くは中高年です。

ぎっくり腰など急性の腰痛をくり返すうちに慢性化する場合や、過労やストレス、冷えなどで慢性の腰痛が引き起こされる場合などがあります。

いずれにしても最初は、痛みによって筋肉が緊張し、それが筋肉疲労を起こします。痛みと疲労のために体を動かさないでいると、体力が低下します。そして、使わない筋肉が衰えます。

これを「廃用症候群」といいます。とくに高齢者では、もともと筋力や骨密度が低下しやすいので、こういった状態を招きやすくなります。

そうなると、いったん腰痛が治まっても、衰えた腰には日常生活が負担になり、前よりも軽いきっかけで、また腰痛が発生するようになります。

このような状態をくり返していると、腰痛は慢性化していきます。



関連記事

その他の背骨の病気による腰痛

激痛を起こす骨および脊椎の腫瘍 高齢者の骨には悪性腫瘍ができにくいことが知られています。一

記事を読む

脊柱の湾曲異常(後湾症・側湾症)による腰痛

  変性による側湾症 昔は農村部などで、背中や腰が大きく曲がった高齢女性を

記事を読む

腰痛を起こす原因:姿勢

悪い姿勢が骨の変形を起こす 姿勢が腰に与える影響は非常に大きく、悪い姿勢は腰に負担をかけて

記事を読む

腰痛の薬物療法は転換期を迎えている

長期間の定期的な投与は避けるべき 高齢者の腰痛の痛みに対する第一選択の薬物は、鎮痛薬のひとつで

記事を読む

腰痛は大きく二つに分けられる

効果的な腰痛対策はまったく違う 中高年世代をはじめ、働き盛りや若い人まで、多くの人を悩ませてい

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑