*

急性腰椎症による腰痛(ぎっくり腰など)

公開日: : ぎっくり腰, 腰痛の知識

038

ぎっくり腰は筋肉や筋膜の損傷

突然、腰に激しい痛みが起こるのが「急性腰痛症」で、顔を洗おうとしたときや重い荷物を持ち上げたときなどに、動けないほどの痛みを起こします。通称「ぎっくり腰」はその代表格です。クシャミをしただけで起こることもあります。

ぎっくり腰は注意力が低下しているときに起こしやすく、腹筋や背筋を働かさないで腰に力を入れたために、筋肉が引き伸ばされたり、切れたりします。このため、「急性筋肉性腰痛症」とも呼ばれます。また、筋膜が損傷を受けることも多く、「腰椎ねんざ」と呼ぶこともあります。同時に、椎間板や腰椎、椎間関節などにも小さな損傷を生じていることもあります。

ぎっくり腰の場合、痛みが強くても、範囲が腰だけなら、安静にしていれば自然に治ります。ただし、痛みがやわらぐ前に無理をし、再発を何度もくり返すと、慢性腰痛の原因になることがあります。

重大な病気が原因のときも

注意したいのは、急性腰痛症の原因が必ずしも腰にあるとは限らないことです。急激な強い腰痛を起こす病気は多数あり、なかには重症で、命にかかわる危険なものもあります。

①どんな姿勢をとっても、いつまでも痛みがやわらがない

②発熱がある

③冷や汗が出る

といった症状がみられる場合は、なるべく早く整形外科か内科を受診してください。

 



関連記事

しつこい腰痛を治すカギを握る腸腰筋

姿勢にかかわる重要な役割を担っている 腸腰筋…といわれても、あまり聞き慣れない筋肉だと思います

記事を読む

腸腰筋の筋硬結が見逃せないそのほかの理由

慢性腰痛以外にもさまざまな悪影響が 腸腰筋は、しつこい慢性腰痛を解消するためのカギを握っていま

記事を読む

医師が答えてくれる腰痛Q&A その2

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただ

記事を読む

腰痛は大きく二つに分けられる

効果的な腰痛対策はまったく違う 中高年世代をはじめ、働き盛りや若い人まで、多くの人を悩ませてい

記事を読む

椎骨の構造と腰痛が起きるメカニズム

背骨は24個の椎骨が重なっている 背骨は、「脊柱(せきちゅう)」の構成成分であり、上から頚

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑