*

変形性腰痛症と椎間関節症

公開日: : 腰痛の知識

034

骨の形が変わる変形性腰痛症

正常な腰椎椎体は、レントゲン像で角が丸く写りますが、年をとるとともに、角の部分にトゲ状やくちばし状の骨が出てきて、形が変わってきます。これを「変形性腰椎症」といいます。

突き出てくる骨を「骨棘(こつきょく)」といい、進行すると、上下の椎体が骨棘でつながってしまう「癒合」という状態になります。

骨棘の発現率は50歳で80%以上、60歳で90%以上と、中高年になればほとんどの人にみられます。これだけで腰痛の原因になることは少なく、他の要因も考えられます。とくに、椎間板の変性が進行している場合が多いのです。

関節がすり減る椎間関節症

「椎間関節症」は、老化現象による椎間関節の変性で、上下の関節のかみ合わせが悪くなったり、接合面が傷んでくる症状です。これも、椎間板の変性によって引き起こされる「変形性腰椎症」の一病態です。

初めは関節と関節の隙き間が狭くなり、関節同士がぶつかり合うことで摩耗してきて、表面がボロボロになってきます。また、椎体の場合と同様に、骨棘ができることもあります。こうした障害にともなつて、関節が炎症を起こす場合もあります。

この症状があると、前かがみよりも反りかえったときに痛みを感じます。また、腰痛が左右どちらかに偏っている場合が多いです。

 



関連記事

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っている

記事を読む

あごがずれると神経が圧迫されて腰痛が引き起こされる

あごのずれを治す「アウアウ体操」 あごのずれによる影響は、ほとんどの場合、首のこりや腰のこ

記事を読む

加齢性疾患による腰痛

老化によって背骨の変性(変化)が起きる 老化現象は腰の骨にも現れます。腰椎を構成する椎体、

記事を読む

椎骨の構造と腰痛が起きるメカニズム

背骨は24個の椎骨が重なっている 背骨は、「脊柱(せきちゅう)」の構成成分であり、上から頚

記事を読む

しつこい腰痛を治すカギを握る腸腰筋

姿勢にかかわる重要な役割を担っている 腸腰筋…といわれても、あまり聞き慣れない筋肉だと思います

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑