*

椎間板ヘルニア

公開日: : 椎間板ヘルニア

032

神経を圧迫する椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは腰から足に強い痛みを起こすことで知られています。若い人に多いですが、最近では高齢者にもよくみられます。

「ヘルニア」とは「はみ出す」という意味で、本来は内部にあるはずのものが外にはみ出すことで障害が起こる症状全般を指します。

椎間板ヘルニアでは、椎間板内部の「髄核」と呼ばれるゼリー状の部分が外にはみ出します。

老化による椎間板の変性が進むと、そのまま扁平になることが多いですが、まれには外側の「線維輪」の弾力低下や亀裂が生じて、椎間板ヘルニアを起こすこともあります。

中高年の場合は、スポーツや重労働、肥満などが引き金となって、内部の髄核が亀裂から外にはみ出し、神経を刺激・圧迫します。

神経根が圧迫されると、いわゆる「坐骨神経痛」が現れ、腰部から足にかけての痛みが生じます。

椎間板ヘルニアができた場合、以前は、飛び出した髄核を手術で早急に取り除かないと治りが悪いのではないかと考えられていました。

しかし、最近ではMRI検査などの発達で、飛び出した小さな髄核が自然に吸収される例も多いことがわかってきたため、マヒが生じていなければ、手術をしないで経過を観る場合が多くなっています。



関連記事

腰痛持ちの医師が大きな効果を上げた「骨盤落とし」

手術を受けないことを選択 名古屋駅前にある、ほんべ眼科院長の本部千博先生は、20代のころから、

記事を読む

椎間板ヘルニアがすべて腰痛を起こすわけではない

腰痛の代表格の椎間板ヘルニア 腰痛の原因で一番多いのは、椎間板ヘルニアです。腰痛の代表格で

記事を読む

ヘルニアがあっても腰痛は治る

ヘルニア全員有罪説 海外の研究では、スイスからの報告に、画像診断を受けた健常者の76%に無

記事を読む

椎間板ヘルニアによる腰痛には化学物質が関係していた

化学物質が働くのは主に急性期 最近では、神経を圧迫するヘルニアという物理的因子だけでなく、

記事を読む

「AKA-博田法」のおかげで30年ぶりに腰が軽くなった

AKA-博田法で椎間板ヘルニアが改善した健康雑誌記者の体験談です。 椎間板ヘルニアの手術を

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑