*

腰痛を起こす脊柱管狭窄症

公開日: : 脊柱管狭窄症による腰痛

031

高齢者に見られる

脊髄神経の通る孔である脊柱管が庄迫されるのが、「脊柱管狭窄症」です。生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、そうした人でも必ずしも症状を生じるわけではなく、なんらかの原因により症状が現れます。

ほとんどの場合は、老化による椎骨の変性が原因で、高齢者に多くみられます。30年ほど前から概念の定まった病気ですが、最近は患者数がふえています。

高齢化社会を迎えて、これからますます重要視されてくると予想されます。

脊柱管の中には、脊髄神経、下方では馬尾神経が通り、外へ出るとすぐ神経根となり、さらに神経は枝分かれし
て、体の各部分に伸びています。どの神経が圧迫されるかによって、3つのタイプに分けられます。

・神経根型 脊椎からの神経の出口が圧迫されるタイプで、どちらか一方だけが圧迫されることが多く、そちら側に痛みやしびれが出ます。椎間板の変性や「脊椎分離すべり症」などで生じます。

・馬尾型 脊髄につながる神経の束である馬尾神経が圧迫されるタイプで、神経根型に比べて、左右にさまざまな症状が出ます。しびれやマヒのほか、排尿・排便障害が現れることもあります。「脊椎すべり症」で起こりやすいものです。

・混合型 神経根と馬尾神経の両方が圧迫されるタイプで、両方の型の症状が出ます。

3つのタイプに共通する、特徴的な症状として「間欠性破行」があります。間欠性破行とは、歩いているうちに痛みやしびれで動けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる状態のことです。

 



関連記事

脊柱管狭窄症の症状が改善する足抱え体操のやり方

脊柱管が広がりその場で痛みが軽減 足抱え体操は、患者さんだけでなく、竹谷内医院院長の竹谷内

記事を読む

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

「横向き足抱え」のやり方 まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます

記事を読む

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが

記事を読む

脊柱管狭窄症の痛みやしびれがすっかり取れたのは「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のおかげ

足の裏に違和感を覚えるようになった 東京駅そばの竹谷内医院では、カイロプラクティックの施術を行

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑