*

女性に特有な腰痛

公開日: : 腰痛の知識

001

子宮や卵巣から起きる腰痛

子宮筋腫や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)など、腫瘍ができる病気では、腫瘍が大きくなると周囲の組織を圧迫して、腰痛を引き起こすことがあります。子宮外妊娠でも同様のことが起きます。

また、月経のときに腰痛を感じる女性も多く、これは月経中に増加するプロスタグランディンという物質も原因
のひとつになっていると考えられています。病気ではありませんが、症状が重い場合は婦人科に相談してみましょう。低用量ピルの服用で、腰痛がやわらぐことがあります。

妊娠にともなう腰痛は多い

妊娠した女性の半数が腰痛に悩まされている、というデータがあります。

妊娠しておなかが大きくなってくると、重心が前方に移動するため、バランスをとろうとして、腰が反りかえった姿勢になります。この姿勢では腰椎のカーブが大きくなり、腰痛の原因になります。

また、妊娠すると、仙腸関節や恥骨結合の靭帯をゆるめる作用をもつ、レラキシンというホルモンが分泌されます。このため、骨盤輪と呼ばれる部分がゆるんだ状態になります。

これは、胎児の成長や出産のために必要なことです。しかし、ゆるみが異常に強くなってしまうと、「骨盤輪不安定症」となり、腰周辺の強い痛みや足のしびれなどが起こることもあります。

 



関連記事

腰痛を起こす原因:姿勢

悪い姿勢が骨の変形を起こす 姿勢が腰に与える影響は非常に大きく、悪い姿勢は腰に負担をかけて

記事を読む

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っている

記事を読む

その他の背骨の病気による腰痛

激痛を起こす骨および脊椎の腫瘍 高齢者の骨には悪性腫瘍ができにくいことが知られています。一

記事を読む

腰痛になりやすい年代と職業

腰痛になりやすい年代 腰痛が発症する年代は、腰痛の原因となる病気によっても変わります。

記事を読む

精神の健康があってこそ健康な肉体も作れる

健全なる精神は健全なる肉体に宿る 作家の夏樹静子さんが、3年の間、連日痛みに襲われるといっ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑