*

女性に特有な腰痛

公開日: : 腰痛の知識

001

子宮や卵巣から起きる腰痛

子宮筋腫や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)など、腫瘍ができる病気では、腫瘍が大きくなると周囲の組織を圧迫して、腰痛を引き起こすことがあります。子宮外妊娠でも同様のことが起きます。

また、月経のときに腰痛を感じる女性も多く、これは月経中に増加するプロスタグランディンという物質も原因
のひとつになっていると考えられています。病気ではありませんが、症状が重い場合は婦人科に相談してみましょう。低用量ピルの服用で、腰痛がやわらぐことがあります。

妊娠にともなう腰痛は多い

妊娠した女性の半数が腰痛に悩まされている、というデータがあります。

妊娠しておなかが大きくなってくると、重心が前方に移動するため、バランスをとろうとして、腰が反りかえった姿勢になります。この姿勢では腰椎のカーブが大きくなり、腰痛の原因になります。

また、妊娠すると、仙腸関節や恥骨結合の靭帯をゆるめる作用をもつ、レラキシンというホルモンが分泌されます。このため、骨盤輪と呼ばれる部分がゆるんだ状態になります。

これは、胎児の成長や出産のために必要なことです。しかし、ゆるみが異常に強くなってしまうと、「骨盤輪不安定症」となり、腰周辺の強い痛みや足のしびれなどが起こることもあります。

 



関連記事

腰痛には安静が必要なのか

不安や恐怖が強いと痛みが起こりやすい 腰痛といえば、「まず安静」と思っている人も多いでしょう。

記事を読む

医師が答えてくれる腰痛Q&A その3

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただ

記事を読む

「腰痛」の定義

「腰」はどの部分を指しているか 「腰痛」と一口に言いますが、その定義は人それぞれです。これ

記事を読む

自分のストレス源に気づければ腰痛が改善される時間は短い

ストレスによって腰の痛みを起こすとは 「非特異的腰痛」という診断名を伝えると、自分の腰痛が心理

記事を読む

若い人に多い腰痛

スポーツマンに多い脊椎分離症 若い人にみられる腰痛の原因のひとつとして、「脊椎分離症」およ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑