*

椎間板ヘルニアがすべて腰痛を起こすわけではない

公開日: : 椎間板ヘルニア, 腰痛の原因

021

腰痛の代表格の椎間板ヘルニア

腰痛の原因で一番多いのは、椎間板ヘルニアです。腰痛の代表格であり、坐骨神経痛を起こすと言われています。しかし、椎間板ヘルニアが画像で認められても、それが必ずしも痛みを起こしているわけではないことが明らかになってきているのです。

ここで椎間板ヘルニアについて、簡単に解説しておきましょう。椎間板は脊椎を支える大切な軟骨組織で、椎体と椎体の間でクッションのような役割を持っています。何らかの理由でなかのゼリー状の物質(髄核)が、これを包んでいる被膜(線維輪)を破って脊柱管内に脱出した状態を「椎間板ヘルニア」と言います。

首に見られるヘルニアを頸椎椎間板ヘルニアと言い、ここでいう椎間板ヘルニアは、腰椎椎間板ヘルニアを指します。

このヘルニアが神経根を圧迫し、痛みを生じると説明されています。この「ヘルニア犯人説」ともいえる説明は一見、合理的なように思えます。MRIなどによる画像という証拠まであるのですから、信じないほうがおかしいのかもしれません。

しかし、巨大なヘルニアを持っている人が、腰痛とは無縁の生活を送っているのです。特別に腰痛を起こさないわけではありません。以前、航空会社の医療顧問をしていたことがあり、客室乗務員が入社する際、全員にMRIによる画像診断を行いました。

20歳代の女性の約20%に椎間板にヘルニアを含む変性所見が見つかりましたが、そのなかには腰痛を訴えている人はいませんでした。これらの事実から、椎間板ヘルニアがすべて痛みを起こすわけではない、という疑問が起きます。

 



関連記事

腰を傷めない姿勢をとりましょう

腰痛をまねく動作に要注意 腰にとってよい姿勢とは、ひと言で言えば腰椎が圧迫されない姿勢のことで

記事を読む

肥満が腰痛の原因という説はホント?

肥満に合併している病気の症状のひとつ 肥満により腰痛が起きるということもよく耳にします。体

記事を読む

腰痛になるのは遺伝で決まる?

腰痛運命説 腰痛になるのは生まれつき、つまり遺伝で決まるという考え方があります。「腰痛運命

記事を読む

椎間板ヘルニアによる腰痛には化学物質が関係していた

化学物質が働くのは主に急性期 最近では、神経を圧迫するヘルニアという物理的因子だけでなく、

記事を読む

腸腰筋自身が伸張できなくなることで腰痛が発症するケースも

生活様式の変化の影響も無視できない 腸腰筋は収縮した状態が続くことで、硬く縮んでいきます。腸腰

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑