*

椎間板ヘルニアによる腰痛には化学物質が関係していた

公開日: : 椎間板ヘルニア, 腰痛の原因

017

化学物質が働くのは主に急性期

最近では、神経を圧迫するヘルニアという物理的因子だけでなく、化学的因子も椎間板ヘルニアによる腰痛の発生にかかわっていることが分かってきました。

何らかの原因で椎間板に亀裂が入ると、髄核のなかに存在する「TNF・α」という化学物質が漏出し、この化学物質の働きでその周辺に炎症が生じ、痛みを起こすという考え方です。

前に説明した椎間板ヘルニアが自然に縮小・消失していくときに、ヘルニアがある状態でもすでに症状が軽快していることもうまく説明がつきます。それは、腰痛初期にTNF・αが漏出し腰痛を起こしたが、漏出による炎症が治まり症状もよくなった、だが、椎間板ヘルニアはまだ存在しているというわけです。

これならば椎間板ヘルニアがあっても腰痛がないことをうまく説明できます。

化学物質が働くのは主に急性期で10日~2週間だと思われます。急性腰痛が1~2週間で自然とよくなることとも符合しており、専門家にとっても説得力のある考え方ではあります。

 



関連記事

腰痛は二足歩行の宿命なのか

なんとなく納得してしまいがちな説 昔から、「腰痛は二足歩行の宿命、人間にとって腰痛は避けら

記事を読む

「腰痛に屈するな」キャンペーン

腰痛による欠勤日数が減少し、医療費が20%も削減 心と腰痛の関係性を取り上げたついでに、「心の

記事を読む

腸腰筋自身が伸張できなくなることで腰痛が発症するケースも

生活様式の変化の影響も無視できない 腸腰筋は収縮した状態が続くことで、硬く縮んでいきます。腸腰

記事を読む

気候の変化が痛みに影響する

思い込みが大きく影響している 寒い地域より温暖な地域の住民のほうが季節の変動に対して感受性

記事を読む

腰痛持ちの医師が大きな効果を上げた「骨盤落とし」

手術を受けないことを選択 名古屋駅前にある、ほんべ眼科院長の本部千博先生は、20代のころから、

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑