*

慢性腰痛も予防できる呼吸法「クンバハカ」

050

お尻を締める深呼吸で心と体を整える

普段は、ほとんど意識することのない呼吸ですが、もしも、呼吸ができなくなったら…、そう、死んでしまいます。私たちの体にとって不可欠な、まさに、ライフラインともいえる呼吸をここで見直したいと思います。

私たちが普段、無意識にしている呼吸は、肺の上部にしか空気が入っていないことをご存じでしたか。しかも、たとえば100の酸素を取り入れたとしても、息を吐くときに二酸化炭素などとともに7~8割の酸素は放出されるといわれています。

肺が最大限に働けるよう、深呼吸を生活習慣の中に取り入れましょう。肺が大きく動くようになると、肺活量がアップします。肺活量がアップすると、息切れしなくなる、基礎代謝(安静時に消費するエネルギー)や基礎体温が上がる、疲れにくくなる、病気を予防できる、やせやすい体になる、実年齢より若く見える、などいいこと尽くめです。

なかでも、次に紹介する深呼吸は、エネルギーのある空気を体に取り入れて、体内にたまっている毒素やよくないものを吐き切るという呼吸法です。

その呼吸法こそ、日本人初のヨガ伝道者・中村天風氏が心身の統一法として今から90年以上前に指導した「クンバハカ」と呼ばれる方法です。日本を代表する企業の創始者をはじめ、歴代大臣やスポーツ選手なども、その教えを学び多くの功績を残しています。

口から長く息を吸い、鼻から息を吐くのですが、同時に肛門をキュッと締めるのが特徴です。別名、「肛門締め」「お尻締め」とも呼ばれ、よく知られています。

クンバハカのやり方

①足を肩幅に開いて立ち、肩の力が抜けるように親指を内側にして軽く手を握る

②お尻には力を入れないで肛門を軽く締め、鼻から息をスーッと吐き切る

③息を吐き切ったら、丹田のある下腹部にギュッと力を入れて、同時に肛門をギュッと強く締める

④肛門を軽く締めた状態に戻し、口から息を長く吸う。息を吸い切ったら、再び②を行う。これを1回として、②~④を2回くり返す。何回行ってもよい。

 



関連記事

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが

記事を読む

「波止場のポーズ」でハムストリングの柔軟性が回復し腰痛の予防や改善に効果が

太ももの裏側がかたいと腰に大きな負担がかかる 椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症のように、痛みや

記事を読む

外出した時の腰を痛めない方法

上りよりも下りに注意 駅やマンション、デパートなどの階段を上るときは、手すりなどにつかまりなが

記事を読む

脊柱管狭窄症の痛みやしびれがすっかり取れたのは「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のおかげ

足の裏に違和感を覚えるようになった 東京駅そばの竹谷内医院では、カイロプラクティックの施術を行

記事を読む

腰痛にならない座り方

いすの高さを合わせることが大事 腰痛にならない座り方とはどういうものでしょうか。立っている

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑