*

腰痛対策として寝具は寝返りが打ちやすいことが一番

公開日: : 腰痛を予防する生活術

043

寝返りできないと腰に負担がかかる

皆さんは寝心地のよさだけで寝具を選んでいませんか。残念ながら、寝心地のいい寝具があなたの腰痛の要因かもしれません。

まず、敷布団やベッドを見てみましょう。最近は、マットレスや敷物がいろいろ開発され、寝具売り場は百花繚乱です。「寝ている間は体の生理的湾曲に合わせて体圧が分散され、血行が阻害されない」などと宣伝に謳われた商品も人気のようです。

確かに、体の表面上、体圧が分散されることは大事です。しかし、寝返りしやすいかどうかは疑問です。マットレスや敷物がふかふかで軟らかすぎると体が不自然に沈んでしまい、寝返りできません。硬めのタイプがいいでしょう。

寝返りできなければ、腰に負担がかかるので、朝目覚めたときから腰に痛みを感じやすくなります。痛みが生じるのは腰だけではありません。寝返りが打てず、体重が偏ってかかった筋肉は長時間、窮屈な状態のままです。そのため、朝から首や腕が痛むことになります。これが、寝違えです。

体のためには、寝具は寝返りが打ちやすいことが一番です。この視点に立って寝具を選んでください。マットレスがへたっていたり、スプリングが自分の形に沈んだりしているのも問題です。ベッドは家具ではなく寝具ですから、買い換えることを検討してください。

掛け布団や枕

掛け布団は、寝返りが打ちやすいように軽くて暖かいものがおすすめです。ズシンと重い掛け布団や、かいまき(袖のついた着物状の寝具)のような体を拘束する掛け物は、寝返りの邪魔になります。

枕は頭を預けたときに、頭の沈みが少ないものを選びましょう。おすすめは蕎麦がらを使ったタイプです。頭が沈み込む羽根枕や綿枕は、頸椎(背骨の首の部分)やその周辺の筋肉に負担がかかるので、寝違えの原因や、やはり寝返りの妨げになります。

人気の低反発タイプの枕は寝始めはいいのですが、時間が経過するにつれて体温が伝わることで枕が軟らかくなり、頭が沈んでしまいます。低反発タイプの枕を使うなら、二つ折りにしたタオルなどを枕にのせてから、その上に頭を置くようにしてください。枕に直接、体温が伝わり頭が沈むのを防ぐことができます。



関連記事

腰痛にならない座り方

いすの高さを合わせることが大事 腰痛にならない座り方とはどういうものでしょうか。立っている

記事を読む

たんばく質で筋肉量を増やし腰痛を予防する

腰痛予防に食事はとても重要 私たちの体の筋肉は、加齢とともに衰えていきますが、衰えていく一

記事を読む

生活習慣の改善で腰痛症を防ぐ

ふだんから背筋や腹筋を運動によって鍛えておく 腰の痛みの半数以上を占めるのは、一般に「腰痛症」

記事を読む

43℃入浴法のやり方

「ちょっと熱い」お風呂につかる入浴法 怒っているときや興奮しているとき以外は、ちょっと熱め

記事を読む

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っている

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑