*

腰痛対策として寝具は寝返りが打ちやすいことが一番

公開日: : 腰痛を予防する生活術

043

寝返りできないと腰に負担がかかる

皆さんは寝心地のよさだけで寝具を選んでいませんか。残念ながら、寝心地のいい寝具があなたの腰痛の要因かもしれません。

まず、敷布団やベッドを見てみましょう。最近は、マットレスや敷物がいろいろ開発され、寝具売り場は百花繚乱です。「寝ている間は体の生理的湾曲に合わせて体圧が分散され、血行が阻害されない」などと宣伝に謳われた商品も人気のようです。

確かに、体の表面上、体圧が分散されることは大事です。しかし、寝返りしやすいかどうかは疑問です。マットレスや敷物がふかふかで軟らかすぎると体が不自然に沈んでしまい、寝返りできません。硬めのタイプがいいでしょう。

寝返りできなければ、腰に負担がかかるので、朝目覚めたときから腰に痛みを感じやすくなります。痛みが生じるのは腰だけではありません。寝返りが打てず、体重が偏ってかかった筋肉は長時間、窮屈な状態のままです。そのため、朝から首や腕が痛むことになります。これが、寝違えです。

体のためには、寝具は寝返りが打ちやすいことが一番です。この視点に立って寝具を選んでください。マットレスがへたっていたり、スプリングが自分の形に沈んだりしているのも問題です。ベッドは家具ではなく寝具ですから、買い換えることを検討してください。

掛け布団や枕

掛け布団は、寝返りが打ちやすいように軽くて暖かいものがおすすめです。ズシンと重い掛け布団や、かいまき(袖のついた着物状の寝具)のような体を拘束する掛け物は、寝返りの邪魔になります。

枕は頭を預けたときに、頭の沈みが少ないものを選びましょう。おすすめは蕎麦がらを使ったタイプです。頭が沈み込む羽根枕や綿枕は、頸椎(背骨の首の部分)やその周辺の筋肉に負担がかかるので、寝違えの原因や、やはり寝返りの妨げになります。

人気の低反発タイプの枕は寝始めはいいのですが、時間が経過するにつれて体温が伝わることで枕が軟らかくなり、頭が沈んでしまいます。低反発タイプの枕を使うなら、二つ折りにしたタオルなどを枕にのせてから、その上に頭を置くようにしてください。枕に直接、体温が伝わり頭が沈むのを防ぐことができます。



関連記事

腰痛になりやすい年代と職業

腰痛になりやすい年代 腰痛が発症する年代は、腰痛の原因となる病気によっても変わります。

記事を読む

心身を健康にする呼吸法「クンバハカ」

緊張感が解けてリラックスできる 体内にたまっている毒素やよくないものを吐き切るという呼吸法

記事を読む

研究の進展によって大きく変わった腰痛治療の常識

この20年来の研究によって、腰痛治療の常識が根底から覆されています。常識と考えられ実践してき

記事を読む

腰痛の改善には足指のつま先まで使うことが重要

足が内旋してしまい腰痛を引き起こす メディカルトレーナーの夏嶋隆先生が、足指のつま先を使うこと

記事を読む

「足首回し」で腰痛を寄せつけない

ゆがんだ足首を元の状態に戻す 私たちの体の痛みについて理解するには、ガス管が破裂してガスが

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑