*

「腰痛に屈するな」キャンペーン

公開日: : 腰痛の原因

031

腰痛による欠勤日数が減少し、医療費が20%も削減

心と腰痛の関係性を取り上げたついでに、「心の持ちようで腰痛が和らぐ」という興味深い研究を紹介します。

新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアで、腰痛予防策などが取り上げられると大きな反響を呼び起こすことがあります。ときには医師向けの記事かと思えるほど専門的で詳細な治療手技、手術術式の数々が紹介されることもあります。

そのようなメディアの影響は非常に大きく、紹介された翌日に様々な問い合わせが医療機関に寄せられることも少なくありません。

2001年にオーストラリアの学術誌にひとつの論文が掲載されました。1997年に実施された「腰痛があっても活動できる、安静にする必要はない、運動や仕事も継続していい」という大メディアキャンペーンについての報告です。

キャッチコピーを「腰痛に屈するな」として、一般の市民に対しては「安静にしないで!活動的に、毎日の生活や仕事を続けよう」と呼びかけました。一方、医師に向けては「腰痛を医療対象として過度に扱うことをやめよう! 不必要な検査や治療はやめよう!」と喧伝しました。

この科学的な根拠に基づいた新しい考え方を示したシンプルなメッセージは「The Back Book」というパンフレットから引用され、キャンペーンではこのパンフレットも広く配布されました。

キャンペーンの実施方法としては、ゴールデンアワーにテレビコマーシャルを集中的に流し、有名なスポーツ選手らに「私も薦めます」というメッセージを発信してもらい、ラジオや新聞、雑誌、屋外の広告板、ポスター、セミナー、職場訪問、宣伝記事などもフル活用しました。

キャンペーンが実施されたビクトリア州と、されなかった隣のニューサウスウェールズ州とで比較検討した結果、キャンペーンにより腰痛による欠勤日数が減少し、労災申請件数が15%減少、医療費が20%も削減され、その経済効果は33億円超(住民の欠勤日数の減少分は含まず)と、予想以上の好成績が得られました。

 



関連記事

ヘルニアがあっても腰痛は治る

ヘルニア全員有罪説 海外の研究では、スイスからの報告に、画像診断を受けた健常者の76%に無

記事を読む

腸腰筋自身が伸張できなくなることで腰痛が発症するケースも

生活様式の変化の影響も無視できない 腸腰筋は収縮した状態が続くことで、硬く縮んでいきます。腸腰

記事を読む

腰痛には心理的因子と社会的因子が大きく影響

肉体的には痛みの原因が特定できない 以前に「腰痛の90%近くは原因不明」と言いました。ただ

記事を読む

肥満が腰痛の絶対的な原因とはいえない

はっきりしたことはわかっていない 肥満は心臓病や脳卒中などの危険因子で、肥満に高血圧や高血

記事を読む

腰痛にならない歩き方

正しい一歩一歩が自分の体をケアしている 年を取ったら、歩くのが遅くなったという声をよく耳に

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑