*

腰痛は人類が経験する最古の「痛み」のひとつ

公開日: : 腰痛の知識

027

痛みは人類の「共通言語」?

関節痛には苦悩や苦痛が伴わないのに、腰痛にだけ伴うのはなぜなのか、みなさんも疑問に思ったことでしょう。正確なことはまだわかっていませんが、大胆な仮説を披露して締めくくりたいと思います。

太古の昔、例えば先に触れた「ルーシー」の時代です。二足歩行で背骨に過大な負担がかかり器質的な変化を起こしていました。それが腰痛の原因となったかどうかはわかりませんが、多分、腰痛を起こすこともあったはずです。

一方、その時代の寿命は短く、現代の高齢者のように関節痛を起こすまでは長生きしていなかったのではないでしょうか。つまり、腰痛は人類の誰もが一度は経験する最古の「痛み」のひとつだったと思うのです。人類の「共通言語」であったわけで、だからその「痛み」を使って感情表現をするようになったのかもしれません。



関連記事

その他の背骨の病気による腰痛

激痛を起こす骨および脊椎の腫瘍 高齢者の骨には悪性腫瘍ができにくいことが知られています。一

記事を読む

腰痛を起こす原因:運動

運動不足や筋肉の使いすぎも原因 骨や筋肉を安定した状態に保つには、適度な運動が必要です。反

記事を読む

腰痛は脳の働きが引き金となって発症することがある

腰痛の治療を考えるには脳の科学までが必要 脳と腰痛に関しての研究はいくつも報告されています。

記事を読む

慢性腰痛のほとんどは筋肉が収縮してしまうことが原因

骨や軟骨の変形が原因ではない そもそも、慢性腰痛は治らないものと、あきらめてはいませんか。いえ

記事を読む

医師が答えてくれる腰痛Q&A その3

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑