*

腰痛は人類が経験する最古の「痛み」のひとつ

公開日: : 腰痛の知識

027

痛みは人類の「共通言語」?

関節痛には苦悩や苦痛が伴わないのに、腰痛にだけ伴うのはなぜなのか、みなさんも疑問に思ったことでしょう。正確なことはまだわかっていませんが、大胆な仮説を披露して締めくくりたいと思います。

太古の昔、例えば先に触れた「ルーシー」の時代です。二足歩行で背骨に過大な負担がかかり器質的な変化を起こしていました。それが腰痛の原因となったかどうかはわかりませんが、多分、腰痛を起こすこともあったはずです。

一方、その時代の寿命は短く、現代の高齢者のように関節痛を起こすまでは長生きしていなかったのではないでしょうか。つまり、腰痛は人類の誰もが一度は経験する最古の「痛み」のひとつだったと思うのです。人類の「共通言語」であったわけで、だからその「痛み」を使って感情表現をするようになったのかもしれません。



関連記事

医師が答えてくれる腰痛Q&A その2

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただ

記事を読む

腰痛を起こす原因:加齢

加齢よって腰痛を起こす下地が出来る 年をとること(加齢)は、腰痛の大きな要因のひとつです。

記事を読む

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、

記事を読む

腰痛には安静が必要なのか

不安や恐怖が強いと痛みが起こりやすい 腰痛といえば、「まず安静」と思っている人も多いでしょう。

記事を読む

脊柱の湾曲異常(後湾症・側湾症)による腰痛

  変性による側湾症 昔は農村部などで、背中や腰が大きく曲がった高齢女性を

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑