*

腸腰筋の柔軟性と強さをチェックしよう

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

026

左右両方の足で行う

腰痛が治らない人は、腸腰筋の柔軟性を取り戻すことが大事です。そこで、あなたの腸腰筋が今どのような状態か調べてみましょう。腸腰筋の柔軟性と強さを自分で簡単に調べることができる、セルフチェックのやり方をそれぞれ紹介します。

この腸腰筋のセルフチェックは、どちらも左右両方の足で行います。なぜなら、腰痛持ちに限らず、多くの人は右足と左足の状態に左右差があります。

その違いのほとんどは、普段からの体の使い方の癖などによって生じており、それが腰痛を引き起こす大きな原因の1つになっているからです。たとえ腰に痛みがなくても、ご自分の体の癖を知るためにも、ぜひチェックしてください。

腸腰筋の柔軟性チェック

①壁に向かつてまっすぐに立ち、足を肩幅に開いて、両足のつま先を壁につける。

②右足を肩幅の2倍くらい後ろに引いて、右足のつま先を少し外側に向ける。これで右側の腸腰筋の柔軟性をチェックする。

③上半身は正面に向け、しっかりと起こし、右ひざは伸ばしたま、左ひざを曲げて体を落とし、左ひざを壁につけるようにする。反対側も同様に行う。

診断

①前足のひざが壁に楽々つく人 あなたの腸腰筋の柔軟性は合格です。この柔軟性を保つために、腸腰筋のエクササイズをぜひ取り入れてください。

②壁につかない人 あなたの腸腰筋の柔軟性はすでに衰えています。エクササイズで柔軟性を取り戻しましょう。

この柔軟性のセルフチェックは、実際に行うと少しきつく感じるはずです。行ったあとに体の前側に痛みが出るのは、腸腰筋が伸びている証拠です。心配はいりません。

ただし、体の中のほうが痛くて、ひざがまったく曲げられないという人は骨の変形が考えられます。念のため、一度、病院で調べてもらうといいでしょう。

 



関連記事

「5秒伸び体操」のおかげで股関節の痛みも改善し肩こりまでよくなった

大阪府 45歳 主婦の方の体験談の続きです。 すじが元に戻れば股関節の痛みが和らぐ そん

記事を読む

腸腰筋を鍛えて腰痛を防ぐ「正しい歩き方」

癖のない正しい歩行とは 正しい姿勢で歩くことは、一歩ごとに自分で自分の体をケアしていること

記事を読む

足指曲げは痛いが腰痛改善の効果は絶大

数多くの一流選手たちに立証されている メディカルトレーナーの夏嶋隆先生が参考にしたのは、バレエ

記事を読む

ひどい肩こりと腰痛に悩まされていたが「ながら腕振り」で改善

ひどい肩こりや腰痛が消え立ち婆もシャンとなり膀胱炎も改善できた埼玉県 58歳 主婦の方の体験

記事を読む

腰痛を治すためには腸腰筋を強くすることも必要

座ったままできる 腰痛を治すためには、腸腰筋をゆるめるとともに、強くすることも必要になります。

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑