*

腸腰筋の柔軟性と強さをチェックしよう

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

026

左右両方の足で行う

腰痛が治らない人は、腸腰筋の柔軟性を取り戻すことが大事です。そこで、あなたの腸腰筋が今どのような状態か調べてみましょう。腸腰筋の柔軟性と強さを自分で簡単に調べることができる、セルフチェックのやり方をそれぞれ紹介します。

この腸腰筋のセルフチェックは、どちらも左右両方の足で行います。なぜなら、腰痛持ちに限らず、多くの人は右足と左足の状態に左右差があります。

その違いのほとんどは、普段からの体の使い方の癖などによって生じており、それが腰痛を引き起こす大きな原因の1つになっているからです。たとえ腰に痛みがなくても、ご自分の体の癖を知るためにも、ぜひチェックしてください。

腸腰筋の柔軟性チェック

①壁に向かつてまっすぐに立ち、足を肩幅に開いて、両足のつま先を壁につける。

②右足を肩幅の2倍くらい後ろに引いて、右足のつま先を少し外側に向ける。これで右側の腸腰筋の柔軟性をチェックする。

③上半身は正面に向け、しっかりと起こし、右ひざは伸ばしたま、左ひざを曲げて体を落とし、左ひざを壁につけるようにする。反対側も同様に行う。

診断

①前足のひざが壁に楽々つく人 あなたの腸腰筋の柔軟性は合格です。この柔軟性を保つために、腸腰筋のエクササイズをぜひ取り入れてください。

②壁につかない人 あなたの腸腰筋の柔軟性はすでに衰えています。エクササイズで柔軟性を取り戻しましょう。

この柔軟性のセルフチェックは、実際に行うと少しきつく感じるはずです。行ったあとに体の前側に痛みが出るのは、腸腰筋が伸びている証拠です。心配はいりません。

ただし、体の中のほうが痛くて、ひざがまったく曲げられないという人は骨の変形が考えられます。念のため、一度、病院で調べてもらうといいでしょう。

 



関連記事

大津接骨院の石橋輝美先生による「足の甲刺激」の効果についての解説

腰痛は、日本人に非常に多く、国民病ともいえます。特に、「腰が常に重だるい」「ズンとした鈍痛が

記事を読む

「ひざ倒し」のおかげでひどかったギックリ腰が普通に歩けるように

「痛っ!」と感じたらもう身動きできなかった 慶応義塾大学経済学部教授の細田衛士先生は、20年前

記事を読む

患部を直接もまずに腰痛を軽減する耳刺激

耳を上手に刺激することで痛みを軽減する 肩こりがひどくなってしまうと、どんなに直接もんだとして

記事を読む

腸腰筋を効果的にゆるめる「腹もみ」

おなかからアプローチする 腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめ

記事を読む

腸腰筋の筋力チェック

腰痛が治らない人は、腸腰筋の柔軟性を取り戻すことが大事です。そこで、あなたの腸腰筋が今どのよ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑