*

腸腰筋を効果的にゆるめる「腹もみ」

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

023

おなかからアプローチする

腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめることができます。

具体的には、「もむ」「ストレッチする」「腹を回す」という3つの方法があります。順に紹介していきましょう。

まず、腸腰筋を「もむ」ですが、背中からでは脊柱起立筋群が邪魔をして腸腰筋に触ることはできません。ですから、おなかからアプローチするのです。腸腰筋に触れると、ビリビリくるような、ツボに入ったかのような「痛気持ちいい」刺激が感じられます。

寝ながら腹もみ

①床にあおむけになって、両ひざを90度に曲げて立てる。足は肩幅に開く。親指を除く4本の指を軽くそろえて、骨盤の出っ張りの内側に引っ掛けるように置く。親指は背中に置く。

②親指を背中に固定し、残りの4本の指に力を込め、骨盤のできるだけ内側に入れて、グッと外に広げる。指に力を入れたままま、上下に5回動かす。

③両手を、手の幅分だけ頭方向に移動し、②と同様に指に力を入れて上下に5回動かす。

②と③で1セットとして、1日に2~3セット行う。

指を上下に動かすことに加えて、2カ所に行うことで、腸腰筋を効率的に刺激することができます。4本の指に力を込めてしっかり骨盤の内側に入れ込み、腸腰筋へ刺激がしっかり入ると、股関節からビキニラインにかけて響くような感覚があるはずです。

このとき、触れているのが腸腰筋です。そのまま4本の指をグッと外側に広げるのがポイントです。

ジーンズのような硬い素材や厚い素材の服を着ていると指が入りにくいので、できれば、スポーツウエアやパジャマといった軟らかく薄い素材の服で行いましょう。

このマッサージはとても気持ちがいいので、つい回数を増やしてしまう人がいます。少しでも早く治したいという気持ちもあるのでしょう。しかし、このマッサージの刺激は強いので、回数は1日2~3セットで十分です。

 



関連記事

腸腰筋の伸縮能力を高める「腹回し」

おなかを前に突き出すように 腸腰筋をゆるめるための3つめの方法「腹回し」です。腸腰筋は、円を描

記事を読む

机やテーブルを使ってギックリ腰を治すストレッチ

骨や関節のずれがギックリ腰の原因 腰痛の代表的なものとしては、慢性腰痛のほかに、何かのひょうし

記事を読む

「おじぎストレッチ」は、坐骨神経痛だけでなく間欠性跛行の改善にも有効

脊柱管狭窄症の90%以上に間欠性跛行が起こる 腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)の忍者

記事を読む

ギックリ腰の激痛がその場で楽になる「ひざ倒し」

冷えた状態で無理な姿勢を取ると起こる 「魔女の一撃」と言われるように、ある日突然起こるギックリ

記事を読む

心身を健康にする呼吸法「クンバハカ」

緊張感が解けてリラックスできる 体内にたまっている毒素やよくないものを吐き切るという呼吸法

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑