*

立ちながら腸腰筋をゆるめる「腹もみ」

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

022

気軽に行える「腹もみ」

腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめることができます。腸腰筋を「もむ」ですが、背中からでは腸腰筋に触ることはできません。ですから、おなかからアプローチするのです。腸腰筋に触れると、ビリビリくるような、ツボに入ったかのような「痛気持ちいい」刺激が感じられます。

気軽に立って行える「腹もみ」を紹介しましょう。「腹もみ」は腰骨の高さで、わき腹から脊柱起立筋群をよけるように親指を入れることがポイントです。

ただし、腰周りにぜい肉がついている、ふくよかな体形の人は脂肪が邪魔をして、わき腹からでは指が入りにくいと思います。その場合は、「寝ながら腹もみ」を行ってください。

腹もみ

①足を肩幅に広げて立ち、両ひじを曲げ、親指は背中側にくるように肋骨の下端に両手を当てる。

②そのまま手を下へ滑らせていき、腰骨に当たったところで手を止める。

③その位置で、わき腹に置いた親指を、内側に斜め45度の方向にグーッと押し込む。背骨に向かって親指で挟み込むイメージで押すのがポイント。痛気持ちいいと感じる強さで、「1、2、3、4」で親指を押し込み、「5、6、7、8」で親指をゆるめることを10回くり返す。これを1セットとして、1日に2~3セット行う。

 



関連記事

腰痛持ちの医師が大きな効果を上げた「骨盤落とし」

手術を受けないことを選択 名古屋駅前にある、ほんべ眼科院長の本部千博先生は、20代のころから、

記事を読む

腸腰筋を鍛えて腰痛を防ぐ「正しい歩き方」

癖のない正しい歩行とは 正しい姿勢で歩くことは、一歩ごとに自分で自分の体をケアしていること

記事を読む

腰痛の改善には足指のつま先まで使うことが重要

足が内旋してしまい腰痛を引き起こす メディカルトレーナーの夏嶋隆先生が、足指のつま先を使うこと

記事を読む

腰痛やひざ痛、股関節痛の痛みも、脚を温めることで緩和される

血液のポンプ作用の65%は脚の筋肉が担う 昔から「冷えは万病の元」といわれています。体が冷える

記事を読む

「おなかもみ」のおかげですぐに腰の痛みが軽くなった

東京都 60歳 主婦の方の体験談です。 おばあさんみたいな自分の姿にショック あるとき、

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑