*

腸腰筋の伸縮能力を高める「腹回し」

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

019

おなかを前に突き出すように

腸腰筋をゆるめるための3つめの方法「腹回し」です。腸腰筋は、円を描くようにおなかを回すとよく伸びるという性質を持っています。大事なことは、特におなかを前に突き出すように意識して回すことです。

背中から股関節にかけて刺激が入り、腸腰筋を効率よくゆるめることができます。転倒しないように、壁に手をついたり、手すりにつかまったりしてもかまいません。安定した状態で行ってください。

腹回し

①足は肩幅よりやや広めに開き、つま先は少し外側に向けて立つ。上体をまっすぐにして、腕をピンと伸ばした状態で壁などに両手をつく。

②両ひざを伸ばしたまま、おなかで大きな円を描くようにゆっくり右に20回回す。おなかをできるだけ前に突き出し、できるだけ大きく右横に動かし、次に後ろにお尻を突き出すようにし、左横にも大きく動かすように意識すること。反対回しも同様に行う。これを1セットとして、1日に1~2セット行う。

 



関連記事

「ゴロ寝ひざ裏伸ばし」でハムストリングスを緩めて腰痛を改善

加齢で体は硬くなり姿勢が悪くなる 体が柔らかい人は、若々しい。これは間違いなく言えます。ところ

記事を読む

腹筋を強くする筋力トレーニング

健康な状態の腰椎は、側面から見ると前方にゆるやかな凸型のカーブを描いています。背筋のトレーニ

記事を読む

腸腰筋の筋力チェック

腰痛が治らない人は、腸腰筋の柔軟性を取り戻すことが大事です。そこで、あなたの腸腰筋が今どのよ

記事を読む

腰痛に効果のある背筋を伸ばすストレッチ

腹筋が弱いと、腰椎の前ぞりが強まり、慢性的に悪い姿勢をとりやすくなります。腹筋の強化に有効な

記事を読む

「腰振り」を始めてから腰の痛みから解放されスタイルまでよくなった

腰椎分離症による座骨神経痛の鋭い痛みが消えた兵庫県 52歳 主婦の方の体験談です。 背骨の

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑