*

腰痛の検査の進め方

公開日: : 腰痛の治療

014

問診は診察の重要な出発点

最近は画像検査など、検査機器が発達してきましたが、画像による検査のみで、病気を見つけることはできません。画像検査は、整形外科医が、診察室で行う問診や身体所見、理学検査などで疑った診断を、確定するためのものです。

問診がすべての診察や検査の出発点ですが、じつは医師は、患者さんが診察室に入ってきた瞬間から観察しています。姿勢、歩き方、椅子への座り方などを見れば、腰や背骨になにか異変が起きているかどうかが、だいたいわかります。

問診では、医師が質問する形で、痛みの場所や程度、起こったきっかけなどの症状や、生活習慣などについてくわしく聞きます。できるだけ具体的に話すことが大切です。

神経的な症状があれば必ず伝える

腰痛の原因が、単なる打撲や筋肉の使いすぎであれば心配ないのですが、骨の変形などが原因だと、神経障害の有無が重要になります。背骨には、さまざまな臓器につながる神経が通る脊柱管があり、脊柱管に圧迫がかかったり、狭くなっていると、痛みだけでなく、しびれやマヒなどの神経的な症状

高齢者ですと、歩きにくいとか動きにくいのを、本人も周囲も年のせいと思いがちですが、背骨の変形による神経障害が原因の場合もあります。また、神経障害によって、排尿や排便が困難になったり、下腹部や性器に違和感が現れる場合もあります。

腰とは関係ないと自己判断せずに、こうした症状があれば、必ず医師に伝えるようにしてください。

現在の痛みが起こったきっかけだけでなく、ずっと昔にかかった病気やけがの情報も重要です。

骨の変形はゆっくりと何年もかかって進行することがあり、本人も忘れているような軽微な事故が現在の腰痛につながっていることがあります。また、若いころにかかった結核の菌が、治ったあとも体内に潜んでいて、高齢になってから脊椎に炎症を起こすこともあります。

「こんなことまで言わなくてもいいだろう」と自己判断せずに、できるだけくわしく医師に伝えることが大切です。



関連記事

腰痛の回復期・慢性期に効く運動療法

長期にわたって運動療法が有効であるかどうかは明らかになっていない ヨーロッパの慢性腰痛のガイド

記事を読む

腰痛の検査

骨量検査(骨密度検査) 腰痛の原因が、骨租しょう症による骨の変形や骨折によるものと疑われる場合

記事を読む

「AKA-博田法」のおかげで30年ぶりに腰が軽くなった

AKA-博田法で椎間板ヘルニアが改善した健康雑誌記者の体験談です。 椎間板ヘルニアの手術を

記事を読む

腰痛の薬物療法は転換期を迎えている

長期間の定期的な投与は避けるべき 高齢者の腰痛の痛みに対する第一選択の薬物は、鎮痛薬のひとつで

記事を読む

慢性腰痛に効果が期待できる治療法「認知行動療法」

心理的ストレスが軽減されていく ヨーロッパの腰痛ガイドラインで、慢性腰痛に効果が期待できる治療

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑