*

腰痛の治療:身体所見と理学検査

公開日: : 腰痛の治療

012

姿勢を見ると背骨の異常がわかる

医師が患者さんの体を観察した結果を「身体所見」といいます。背骨の状態を診るには、ほんとうはパンツ1枚になっていただくほうがいいのですが、まずは、肌着を着たままの診察になってしまうことが多いようです。

ただし、患部を見せる必要があり、いろいろな動作をするので、脱ぎやすく動きやすい服装で受診するとよいでしょう。

ふつうに立ってもらうだけで、脊柱の湾曲異常などはわかります。

椎間板ヘルニアなどで神経が圧迫されて痛みがあるときは、無意識のうちに圧迫をゆるめようとして体が横に傾きます。

左右どちらの側に傾くかでヘルニアの位置などがわかります。また、おじぎをするように体を前に曲げてもらっても、痛みを避けるために背骨を動かさず、ひざを曲げてしまいます。

筋肉や神経を調べる理学検査

筋肉や関節の具合、痛みの出方、神経の反応などを調べる検査を「理学検査」といいます。

腰のあたりを順番に押さえて、痛い部分(圧痛点)を特定したり、足を持ち上げて、痛みやしびれが出るか、出る場合はどのあたりかをみるテストが行われます。足の関節がどこまで動かせるかも診られます。

足の筋力を調べたり、歩行テストが行われることもあります。

感覚が鈍くなっていたり、筋肉がマヒしていないかなど、下半身の神経が正常に機能しているかどうかを調べる検査は重要で、とくに念入りに行われます。ゴム製のハンマーでひざなどを叩いて反射の様子を診るテストや、刷毛や筆、ピンなどで刺激して感覚を調べる検査がこれに当たります。

これらの検査やテストは、動かすことで痛みがひどくなることがあります。どうしてもがまんできないときは、医師に伝えて無理をしないようにしましょう。

 



関連記事

急性腰痛の患者さんの満足度が高かったのはカイロプラクティック

約4割が「非常に良い」と評価 米国、イギリス、デンマークなど欧米の腰痛診療ガイドラインでは、脊

記事を読む

腰痛の神経ブロック療法では副作用に注意が必要

口の周りや舌のしびれ、めまい、耳鳴りなどの症状が 薬物療法と同じように、効果だけでなく、ブロッ

記事を読む

腰痛の検査の進め方

問診は診察の重要な出発点 最近は画像検査など、検査機器が発達してきましたが、画像による検査のみ

記事を読む

腰痛の薬物療法は転換期を迎えている

長期間の定期的な投与は避けるべき 高齢者の腰痛の痛みに対する第一選択の薬物は、鎮痛薬のひとつで

記事を読む

腰痛の治療としての鍼灸

腰痛の患者さんの約2割が鍼灸の治療を受けている 日本では馴染み深い鍼灸も腰痛に使われる治療法の

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑