*

腰痛の治療:身体所見と理学検査

公開日: : 腰痛の治療

012

姿勢を見ると背骨の異常がわかる

医師が患者さんの体を観察した結果を「身体所見」といいます。背骨の状態を診るには、ほんとうはパンツ1枚になっていただくほうがいいのですが、まずは、肌着を着たままの診察になってしまうことが多いようです。

ただし、患部を見せる必要があり、いろいろな動作をするので、脱ぎやすく動きやすい服装で受診するとよいでしょう。

ふつうに立ってもらうだけで、脊柱の湾曲異常などはわかります。

椎間板ヘルニアなどで神経が圧迫されて痛みがあるときは、無意識のうちに圧迫をゆるめようとして体が横に傾きます。

左右どちらの側に傾くかでヘルニアの位置などがわかります。また、おじぎをするように体を前に曲げてもらっても、痛みを避けるために背骨を動かさず、ひざを曲げてしまいます。

筋肉や神経を調べる理学検査

筋肉や関節の具合、痛みの出方、神経の反応などを調べる検査を「理学検査」といいます。

腰のあたりを順番に押さえて、痛い部分(圧痛点)を特定したり、足を持ち上げて、痛みやしびれが出るか、出る場合はどのあたりかをみるテストが行われます。足の関節がどこまで動かせるかも診られます。

足の筋力を調べたり、歩行テストが行われることもあります。

感覚が鈍くなっていたり、筋肉がマヒしていないかなど、下半身の神経が正常に機能しているかどうかを調べる検査は重要で、とくに念入りに行われます。ゴム製のハンマーでひざなどを叩いて反射の様子を診るテストや、刷毛や筆、ピンなどで刺激して感覚を調べる検査がこれに当たります。

これらの検査やテストは、動かすことで痛みがひどくなることがあります。どうしてもがまんできないときは、医師に伝えて無理をしないようにしましょう。

 



関連記事

腰痛の治療法

腰痛の原因はさまざま 腰痛はさまざまな病気から起こります。そこで、原因がわかったら、それに即し

記事を読む

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、

記事を読む

腰痛の検査

骨量検査(骨密度検査) 腰痛の原因が、骨租しょう症による骨の変形や骨折によるものと疑われる場合

記事を読む

整形外科医が勧めている「運動で腰痛を治す」

腰椎には寝ているとき以外常に負荷がかかっている 現在、日本では約2800万人もの人が、腰痛に苦

記事を読む

腰痛改善に効果のあるAKA-博田法とは

9割の腰痛が原因不明 腰痛は、日本人の成人の7割が経験するといわれる、国民病ともいうべきもので

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑