*

腰が痛いのは腸腰筋がギュッと縮んだせい

公開日: : 腰痛の原因

045

「腰椎の前湾と骨盤の前傾」が腰痛の原因

腰痛持ちの人の大多数は、わき腹からちょっと背中寄りのあたりに手を当てて、痛みを訴えます。この奥に、腸腰筋があるのです。

それでは、腸腰筋のおもな働きを説明しましょう。大きく3つあります。

①体幹の屈曲(前に倒す)

②股関節の屈曲(太ももを上げる)と外旋(外に開く)

③腰椎の前湾(前に出す)と骨盤の前傾(立てる)

歩いたり走ったりするときには、つねに使われていますから、力もスタミナもあります。腸腰筋が、ゴロンと太くて長い理由がここにあります。

そして、慢性腰痛の直接の原因となるのは、③の「腰椎の前湾と骨盤の前傾」 です。

骨盤が正しい位置にあるときはいいのですが、しかし、ひとたび背中や腰が丸くなって姿勢が悪くなると、上体を支えるために骨盤が後ろに倒れます。

腸腰筋は後ろに倒れた骨盤と後ろに出た腰椎を前方に引っ張るために、ギュッと伸ばされながらも収縮させられている状態になります。腸腰筋が体の前側で縮むことで、上体を支えているのです。

こんなふうに、姿勢を保つためにがんばっている「姿勢筋」ともいえる腸腰筋こそ、私たちの体にとて重要な筋肉、まさに「重用筋」といえるのではないでしょうか。

そして、腸腰筋は収縮した状態が続くことで、硬く縮んでいきます。腸腰筋の筋硬結(しこりのようなもの)が起こるのです。これによって背骨の生理的湾曲はますます崩れ、背中の筋肉に大きな負担がかかってしまいます。こうして、腰痛が発症するのです。



関連記事

ヘルニアがあっても腰痛は治る

ヘルニア全員有罪説 海外の研究では、スイスからの報告に、画像診断を受けた健常者の76%に無

記事を読む

肥満が腰痛の絶対的な原因とはいえない

はっきりしたことはわかっていない 肥満は心臓病や脳卒中などの危険因子で、肥満に高血圧や高血

記事を読む

気候の変化が痛みに影響する

思い込みが大きく影響している 寒い地域より温暖な地域の住民のほうが季節の変動に対して感受性

記事を読む

雨が降る前には必ず腰が痛む?

低気圧が交感神経に影響 「雨が降る前には必ず腰が痛む」、「湿気の多い日には痛みが増す」など

記事を読む

腰を傷めない姿勢をとりましょう

腰痛をまねく動作に要注意 腰にとってよい姿勢とは、ひと言で言えば腰椎が圧迫されない姿勢のことで

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑