*

なぜ、おなかをもむと腰痛が治るのか

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

020

腹筋や背筋を鍛えただけでは慢性腰痛は解消しない

慢性腰痛の場合、改善するには、腹筋や背筋を鍛えればいいと耳にすることがあります。実際、腰痛対策にそれらの筋肉を鍛えている人もいるかもしれません。

確かに筋肉には、シーソーのように力を括抗させて働くことで、体を動かしたり姿勢を保ったりすることができる、という性質があります。腰痛改善のため、腹筋や背筋をバランスよく鍛えればいいと考えるのは一理あります。

もちろん、腹筋や背筋を鍛えることは大事ですが、残念ながら、腹筋や背筋を鍛えただけでは慢性腰痛は解消しません。

慢性腰痛を治したいと思ったら、腹筋や背筋を強化する以上に大事なことがあります。それは、慢性腰痛を引き起こしている真犯人である腸腰筋の緊張をゆるめることです。それには、どうすればいいのでしょうか。

体の深腹筋である腸腰筋を背中側からほぐそうとすると、背骨に沿って走る脊柱起立筋群が邪魔になります。ですから、背中側からだけでは十分にほぐせません。

正解は、腸腰筋を体の後ろではなく、前側にある筋肉ととらえ、おなか側からほぐすこと。おなかをもめば、腰痛は治るのです。

ある腰痛の専門院では、腸腰筋が腰痛の原因だと疑われた場合、ベッドに横向きやあおむけに寝ていただきます。たいていの患者さんはこの時点で、頭の中に疑問符が浮かぶようです。腰痛だといっているのに、背中ではなくおなかを見せるなんて、確かに誰だって 「大丈夫かな?」と心配になるでしょう。

そこでその医院の先生は、腰痛の原因は腸腰筋の筋硬結であること、そして、この筋肉をゆるめると、痛みがやわらぐことをまず患者さんに説明します。腸腰筋は体の深い部分にあるので、背中側からゆるめるのは困難であること、そして、おなか側からなら効果的にゆるめることができることなどもお話しします。



関連記事

腸腰筋を鍛える腰痛改善法で効果を上げるためのポイント

腸腰筋を柔軟にし、強くするための実践法をいくつか紹介してきました。これらを続ければ、慢性の腰

記事を読む

ギックリ腰に即効性が期待できる「指組み」

ギックリ腰を起こす要因は筋肉の過緊張 ギックリ腰は、「魔女の一撃」と呼ばれるように、ふとしたひ

記事を読む

腰痛に効果のある腰やおしりのストレッチ

大腿部からおしり、背中まで、腰まわりの背面筋肉全体を伸ばすための軽いストレッチです。背筋や腹

記事を読む

「5秒伸び体操」で腰痛、ひざ痛が改善!ウエストもその場で縮小!

寝た状態で手足を伸ばすだけ 「姿勢がよくなり、腰痛が改善した」 「ひざ痛を気にせず、運動

記事を読む

腰痛改善のセルフケア法として教えてもらった「腰振り」

10年来の腰痛が消失し元気に仕事ができるようになった兵庫県 56歳 介護職 女性の方の体験談

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑