*

収縮した筋肉を動かすことで筋肉はゆるみ腰痛が治る

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

015

立った状態で腸腰筋をゆるめることもある

ある腰痛の専門院では、腸腰筋が腰痛の原因だと疑われた場合、ベッドに横向きやあおむけに寝ていただきます。その医院の先生は、腰痛の原因は腸腰筋の筋硬結であること、そして、この筋肉をゆるめると、痛みがやわらぐことをまず患者さんに説明します。

施術であれば、大腰筋に確実に触ることができるおなかと、腸骨筋のある骨盤の前側をもむようにしてほぐします。さらに、筋肉の連結した部分も緊張していますから、大腿直筋や縫工筋(いずれも太ももの前面の筋肉)もゆっくりほぐしてゆるめます。

もちろん、背中側をゆるめることも忘れません。施術後には、「びっくりです、痛みが消えました」 「最初、あおむけに寝たときは大丈夫かなと思いましたが、すごく楽になりました」 などという人がほとんどです。

立った状態で、わき腹に指を押し込んで腸腰筋をゆるめることもあります。仙腸関節が動かなくなって腸腰筋の収縮が起こっているケースで、やせている方へ行う方法の1つです。

仙腸関節の動きはとても小さく、通常その動きは3~5ミリほとといわれています。しかし、この関節をほんの少し動かすだけで、その周辺の腸骨筋や大腰筋、小腰筋といった筋肉は大きく動くようになります。普段、意識して動かすことのできない、収縮したこれらの筋肉を動かすことで、筋肉はゆるみ、腰痛が治るのです。



関連記事

脊柱管狭窄症の痛みやしびれがすっかり取れたのは「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のおかげ

足の裏に違和感を覚えるようになった 東京駅そばの竹谷内医院では、カイロプラクティックの施術を行

記事を読む

1日につきたった1分の「腰ふり」で長年苦しんでいた腰痛から解放

こわばっている筋肉をほぐしてあげる必要がある 運動不足や不規則な生活などにより、現代人の多くが

記事を読む

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛み

記事を読む

長い間治らないと悩んでいた腰痛がたった2回のショウガこすりで消えた

大阪府 52歳 会社員 男性の腰痛改善体験談です。 どんな体勢でも痛みが出ない 私は

記事を読む

腰痛が治らない人にすすめ「アウアウ体操」のやり方

仕事中やテレビを見ながらでも出来る 大阪大学名誉教授の丸山剛生先生の咬合医療センターでは、

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑