*

収縮した筋肉を動かすことで筋肉はゆるみ腰痛が治る

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

015

立った状態で腸腰筋をゆるめることもある

ある腰痛の専門院では、腸腰筋が腰痛の原因だと疑われた場合、ベッドに横向きやあおむけに寝ていただきます。その医院の先生は、腰痛の原因は腸腰筋の筋硬結であること、そして、この筋肉をゆるめると、痛みがやわらぐことをまず患者さんに説明します。

施術であれば、大腰筋に確実に触ることができるおなかと、腸骨筋のある骨盤の前側をもむようにしてほぐします。さらに、筋肉の連結した部分も緊張していますから、大腿直筋や縫工筋(いずれも太ももの前面の筋肉)もゆっくりほぐしてゆるめます。

もちろん、背中側をゆるめることも忘れません。施術後には、「びっくりです、痛みが消えました」 「最初、あおむけに寝たときは大丈夫かなと思いましたが、すごく楽になりました」 などという人がほとんどです。

立った状態で、わき腹に指を押し込んで腸腰筋をゆるめることもあります。仙腸関節が動かなくなって腸腰筋の収縮が起こっているケースで、やせている方へ行う方法の1つです。

仙腸関節の動きはとても小さく、通常その動きは3~5ミリほとといわれています。しかし、この関節をほんの少し動かすだけで、その周辺の腸骨筋や大腰筋、小腰筋といった筋肉は大きく動くようになります。普段、意識して動かすことのできない、収縮したこれらの筋肉を動かすことで、筋肉はゆるみ、腰痛が治るのです。



関連記事

腰痛に効果のある遠絡療法での腕もみのやり方

腰の痛む場所によって、刺激するポイントや方法が異なります。自分の症状によって、選んでください

記事を読む

ひどい肩こりと腰痛に悩まされていたが「ながら腕振り」で改善

ひどい肩こりや腰痛が消え立ち婆もシャンとなり膀胱炎も改善できた埼玉県 58歳 主婦の方の体験

記事を読む

「ゴロ寝ひざ裏伸ばし」でハムストリングスを緩めて腰痛を改善

加齢で体は硬くなり姿勢が悪くなる 体が柔らかい人は、若々しい。これは間違いなく言えます。ところ

記事を読む

腰痛に効くおなかもみは1週間ほど続けると効果的

触れることのできるインナーマッスル それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。おなかも

記事を読む

ギックリ腰に即効性がある、手の甲を刺激する「指組み」

筋肉がこわばるとギックリ腰を起こしやすくなる 重いものを持ったり、体をひねったりした瞬間、ギク

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑