*

腰痛は大きく二つに分けられる

公開日: : 腰痛の知識

049

効果的な腰痛対策はまったく違う

中高年世代をはじめ、働き盛りや若い人まで、多くの人を悩ませている「腰痛」。その腰痛が大きく二つに分けられることをご存じでしょうか。

二つのどちらに属するかで、効果的な腰痛対策はまったく違ってきます。

一つは、「非特異的腰痛」と呼ばれるもの。「非特異的」とは、「原因を特定できない」という意味です。

つまり、検査や診断をしても、はっきりした原因を突き止めるのが難しい腰痛を、非特異的腰痛と言います。「特に心配な異常や病気のない腰痛」「危険ではない腰痛」と言い換えてもよいでしょう。

もう一つは「特異的腰痛」。こちらは、検査や診断によって原因がはっきり特定でき、専門医による治療が必要となる腰痛です。

例えば、座骨神経痛を伴う腰椎椎間板ヘルニア(腰の部分の背骨である腰椎を構成する、椎骨と椎骨のまにある椎間板が飛び出した状態)や、腰部脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなって起こる病気)、感染性脊椎炎、脊椎腫瘍などがこれに当たります。

実際には、非特異的腰痛にも、なんらかの病名(診断名)がつくことが多く、腰椎症、変形性腰椎症、腰椎椎間板症、腰推すべり症、筋筋膜性腰痛、腰椎ねんざ(ギックリ腰)などと診断された場合も、ほぼ非特異的腰痛と考えられます。

腰痛全体のうち、非特異的腰痛は8~9割を占めています。つまり、腰痛の大部分は非特異的腰痛というわけです。

なお、Ⅹ線撮影やMRI(磁気共鳴画像法)などの画像検査で、わずかな骨のずれや、椎間板のすり減り・膨らみ・突出などが見つかった場合も、それらと腰痛に関連がなく、「非特異的腰痛」ということも少なくないのです。こうした骨や椎間板の変化は、加齢とともに多くの人に現れる、いわば白髪やシワのようなものだからです。



関連記事

女性に特有な腰痛

子宮や卵巣から起きる腰痛 子宮筋腫や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)など、腫瘍ができる病気では

記事を読む

腸腰筋の筋硬結が見逃せないそのほかの理由

慢性腰痛以外にもさまざまな悪影響が 腸腰筋は、しつこい慢性腰痛を解消するためのカギを握っていま

記事を読む

椎骨の構造と腰痛が起きるメカニズム

背骨は24個の椎骨が重なっている 背骨は、「脊柱(せきちゅう)」の構成成分であり、上から頚

記事を読む

腰痛には安静が必要なのか

不安や恐怖が強いと痛みが起こりやすい 腰痛といえば、「まず安静」と思っている人も多いでしょう。

記事を読む

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑