*

非特異的腰痛では、できる範囲で普段の活動を続けることが大事

公開日: : 腰痛の知識

047

普段の生活をしたほうが、結果的に改善する

「腰痛には安静が必要」という思考そのものが、「動けばまた腰痛が起こるのではないか」という不安や恐怖を強め、過度に腰を守る「恐怖回避思考」につながります。

コルセットの装着にも、同じことが言えます。コルセットは、一時的な腰の保護に役立つ場合もありますが、腰痛への不安や恐怖を助長するという弊害のほうが大きいと考えています。

「これがないと、また腰痛になる」という気持ちが、恐怖回避思考につながり、腰を保護し過ぎて筋肉を弱める結果にもなりかねません。

では、どうすればこの悪循環から抜け出せるでしょうか。

非特異的腰痛だとわかったら、特別に安静にはせず、できる範囲で、普段の活動を続けることです。

特に「腰痛持ち」の人は、本格的な痛みになる前にも、腰の重だるさや違和感を感じた時点から、安静に努めたり、コルセットを使ったりすることが多いものです。そういうことはやめて、普段の活動を行うようにします。

「特異的腰痛の場合、安静はかえって痛みを悪化させる」「普段の生活をしたほうが、結果的に改善する」と、しっかり認識しておく必要があります。

それとともに、腰に重さや違和感を感じたとき、腰に負担をかける動作の前後などに、ぜひお勧めしたいのが、「これだけ体操」です。3秒くらいでできるごく簡単な体操ですが、腰にかかった負担をリセットし、腰痛の発症や悪化を防ぐのに大きな力を発揮します。



関連記事

急性腰椎症による腰痛(ぎっくり腰など)

ぎっくり腰は筋肉や筋膜の損傷 突然、腰に激しい痛みが起こるのが「急性腰痛症」で、顔を洗おう

記事を読む

慢性腰痛は悪い姿勢などが引き起こす「生活習慣病」

痛みが起こらないしっかりとした土台づくりをすることが必要 慢性腰痛は悪い姿勢などが引き起こす「

記事を読む

「廃用症候群」で腰痛は慢性化していきます

腰痛は慢性化しやすい 腰痛は、治っても再発することが多く、慢性化しやすい病気です。

記事を読む

腰痛のタイプの違い

痛みのタイプさまざま ひと口に腰痛といっても、痛み方はさまざまです。痛みのタイプについて、

記事を読む

腰痛になりやすい年代と職業

腰痛になりやすい年代 腰痛が発症する年代は、腰痛の原因となる病気によっても変わります。

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑