*

腰痛に関しては、素人判断は禁物

公開日: : ぎっくり腰, 腰痛の知識

038

ぎっくり腰は中高年でも1週間で回復

ひと口に腰痛といっても、その症状はさまざまです。

たとえば、運動不足のために筋肉が弱り、筋肉疲労から腰痛が生じる腰痛症もあれば、ぎっくり腰のように、ちょつと腰をひねった拍子に、あるいはスポーツのしすぎなどが原因でおこる腰痛もあります。

一方、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、狭窄症などのように、骨や関節が原因となる腰痛もあります。

前者の場合は、しばらく安静にしていれば痛みがおさまり、日頃の運動で体を鍛えることで予防に努めることも可能です。とくに、年齢を問わずに発症することの多いぎっくり腰の場合は、激しい痛みをともなうものの、とにかく動かずに腰を休めていれば、中高年でも1週間で回復できます。

しかし、骨や関節が原因のヘルニアや狭窄症の場合は、専門の治療が欠かせません。

また、脊椎カリエスや脊椎炎のように、腰とは一見関係のない内科的な痛気の部分症状として、腰の痛みがあらわれることもあります。

いずれの場合も、放置しておけば症状が進み、下手に動かすことで悪化させてしまう危険性も大いにあります。

腰に痛みを感じたとして、もしがまんできる程度の痛みであれば、まず1~2日は安静にして様子を見ることです。それでも痛みが長引くようであれば、病院の整形外科で診断を受けましょう。

こと腰痛に関しては、素人判断は禁物です。後に紹介するストレッチングや筋力トレーニングも、腰痛予防と初期の軽度の腰痛向け、あるいは治療中であることを前提とした慢性の腰痛対策と考えてください。



関連記事

腰痛は2本足で立つ人間の宿命の病気

腰痛を訴える人は非常に多い 厚生労働省の平成14年の調査では、健康状態に関する自覚症状のう

記事を読む

あごがずれると神経が圧迫されて腰痛が引き起こされる

あごのずれを治す「アウアウ体操」 あごのずれによる影響は、ほとんどの場合、首のこりや腰のこ

記事を読む

ギックリ腰の激痛がその場で楽になる「ひざ倒し」

冷えた状態で無理な姿勢を取ると起こる 「魔女の一撃」と言われるように、ある日突然起こるギックリ

記事を読む

非特異的腰痛では、できる範囲で普段の活動を続けることが大事

普段の生活をしたほうが、結果的に改善する 「腰痛には安静が必要」という思考そのものが、「動けば

記事を読む

急性腰椎症による腰痛(ぎっくり腰など)

ぎっくり腰は筋肉や筋膜の損傷 突然、腰に激しい痛みが起こるのが「急性腰痛症」で、顔を洗おう

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑