*

腰痛の治療法

公開日: : 腰痛の治療

031

腰痛の原因はさまざま

腰痛はさまざまな病気から起こります。そこで、原因がわかったら、それに即した治療を行います。

内科や婦人科系の病気、心因性の腰痛などは、それぞれ内科、婦人科、精神科や心療内科などが専門なので、通常、各科に移って適切な治療を行うことになります。

ここでは、それらを除いて整形外科領域の腰痛、つまり腰部を中心とした骨や筋肉、関節などに原因がある腰痛について、おもな治療法をあげることにします。

整形外科で行われる腰痛の治療法は、大きく保存的療法と外科的療法に分けられます。保存的療法としては、生活改善指導、理学療法、薬物療法、神経ブロック療法などがあります。これらのうち、保存的療法の基本になるのは生活改善と理学療法です。

生活改善については、腰に負担がかかる姿勢や動作、家具などのチェックと改善がポイントになります。また、肥満の人は、適正体重に近づけることも大切です。

理学療法とは、物理的手段を用いて機能回復を図る方法の総称で、腰痛の場合、装具療法(コルセットなどによる患部の固定)、冷・温湿布、運動療法などがこれに当たります。



関連記事

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる 通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、

記事を読む

腰痛改善に効果のあるAKA-博田法とは

9割の腰痛が原因不明 腰痛は、日本人の成人の7割が経験するといわれる、国民病ともいうべきもので

記事を読む

腰痛の検査の進め方

問診は診察の重要な出発点 最近は画像検査など、検査機器が発達してきましたが、画像による検査のみ

記事を読む

整形外科医が勧めている「運動で腰痛を治す」

腰椎には寝ているとき以外常に負荷がかかっている 現在、日本では約2800万人もの人が、腰痛に苦

記事を読む

腰痛の検査

骨量検査(骨密度検査) 腰痛の原因が、骨租しょう症による骨の変形や骨折によるものと疑われる場合

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑