*

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

公開日: : 腰痛の治療, 腰痛の知識

029

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる

通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、患部の固定、冷湿布を行います。急性期の強い痛みがやわらいできたら、固定を続けながら、今度は患部を温めます。さらに、慢性期に入って落ち着いてきたら、様子をみながら徐々に運動療法を取り入れていきます。

整形外科では、回復の時期に応じた指導と処置を行っていきます。

生活改善と理学療法を行いながら、必要に応じて痛みを緩和するために行うのが、消炎鎮痛剤などによる薬物療法や、痛みを感じる神経に麻酔薬を注射する神経ブロック療法です。骨租しょう症の場合は、痛みを緩和するとともに、骨量を増加させる作用のある薬も用います。

大部分の腰痛は、以上のような保存的療法で改善できます。

しかし、腰痛の原因の一部には、外科的療法、つまり手術が有効というものがあります。重症の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎分離・すべり症、脊髄腫瘍などです。

これらについては、保存的療法だけで改善できない場合、上図にあげるような手術法が検討されます。



関連記事

腰痛のタイプの違い

痛みのタイプさまざま ひと口に腰痛といっても、痛み方はさまざまです。痛みのタイプについて、

記事を読む

急性腰痛の患者さんの満足度が高かったのはカイロプラクティック

約4割が「非常に良い」と評価 米国、イギリス、デンマークなど欧米の腰痛診療ガイドラインでは、脊

記事を読む

心と腰痛の関係

ストレスやうつによるドーパミンの低下 心と腰痛(痛み)の関係は脳科学の観点からも解明されつつあ

記事を読む

腰痛改善に効果のあるAKA-博田法とは

9割の腰痛が原因不明 腰痛は、日本人の成人の7割が経験するといわれる、国民病ともいうべきもので

記事を読む

腰痛を起こす原因:肥満

肥満は腰にも負担がかかる 肥満は"万病のもと"といわれ、糖尿病や動脈硬化など、さまざまな生

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑