*

腰痛の原因の一部には手術が有効というものがある

公開日: : 腰痛の治療, 腰痛の知識

029

大部分の腰痛は保存的療法で改善できる

通常、腰痛が起きてから2~3日間は、安静を保つとともに、患部の固定、冷湿布を行います。急性期の強い痛みがやわらいできたら、固定を続けながら、今度は患部を温めます。さらに、慢性期に入って落ち着いてきたら、様子をみながら徐々に運動療法を取り入れていきます。

整形外科では、回復の時期に応じた指導と処置を行っていきます。

生活改善と理学療法を行いながら、必要に応じて痛みを緩和するために行うのが、消炎鎮痛剤などによる薬物療法や、痛みを感じる神経に麻酔薬を注射する神経ブロック療法です。骨租しょう症の場合は、痛みを緩和するとともに、骨量を増加させる作用のある薬も用います。

大部分の腰痛は、以上のような保存的療法で改善できます。

しかし、腰痛の原因の一部には、外科的療法、つまり手術が有効というものがあります。重症の椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎分離・すべり症、脊髄腫瘍などです。

これらについては、保存的療法だけで改善できない場合、上図にあげるような手術法が検討されます。



関連記事

腰痛は2本足で立つ人間の宿命の病気

腰痛を訴える人は非常に多い 厚生労働省の平成14年の調査では、健康状態に関する自覚症状のう

記事を読む

変形性腰痛症と椎間関節症

骨の形が変わる変形性腰痛症 正常な腰椎椎体は、レントゲン像で角が丸く写りますが、年をとると

記事を読む

自分のストレス源に気づければ腰痛が改善される時間は短い

ストレスによって腰の痛みを起こすとは 「非特異的腰痛」という診断名を伝えると、自分の腰痛が心理

記事を読む

腰痛の社会問題としての側面

腰痛の「社会的コスト」 腰痛の患者さんの数が増えれば増えるほど国全体の医療費は高くなります

記事を読む

腰痛の治療法

腰痛の原因はさまざま 腰痛はさまざまな病気から起こります。そこで、原因がわかったら、それに即し

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑