*

おなかの、ある場所をもむことで、難治の慢性腰痛が改善していく

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

026

なぜ腰が痛いのにおなかをもむのか

「いろいろな治療や体操をやっても腰痛が改善しない」

「腰や背中にアプローチする施術を試したが、変化がない」

「私の腰痛はもう治らないとあきらめている」

いわゆる慢性腰痛で悩んでいる人のほとんどは、ここに挙げたような感想をお持ちだと思います。こうした人たちに大きな成果を上げている、鍼灸整骨院ホスピスト院の岩間善充先生が考案した手法があります。

それが、「おなかもみ」です。

おなかの、ある場所をもむことで、難治の慢性腰痛が改善していきます。

こう言うと、「痛いのは腰(体の背面)なのに、なぜおなか(前面)をもむのか」という疑問を持たれる人がいます。

その理由を説明しましょう。

そもそも慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。

加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。

注目すべきは、姿勢が悪い状態が続いたときに大きな負担のかかる、腸腰筋です。

脇腹筋とは、大腰筋、小腰筋、腸骨筋という、三つの筋肉の総称です。背骨の真ん中辺りを起点として体の前面へと伸び、、腰椎(背骨の腰の部分)と骨盤、大腿骨(太ももの骨)をつないでいます。

腸腰筋の役割の一つが、骨盤を正しい位置に保つことですが、悪い姿勢を続けると、腸腰筋は、「伸びながらも収縮した」不自然な状態が続きます。筋肉のこの状態を、専門用語で「伸長 収縮」といいます。

伸長収縮が長く続くと、その筋肉は拘縮(縮こまってこわばること)します。実は、これこそが慢性腰痛の原因の一つなのです。

腰痛の真原因「腸腹筋の拘縮=こり」を、背面からほぐそうとすると、背骨に沿って走る脊柱起立筋がじゃまになります。そこでどうするかというと、腸腰筋を、おなか側からほぐすのです。

慢性腰痛の患者さんに、腰や背中にアプローチする施術を行ってもなかなか改善しないのは、そのような理由があったのです。



関連記事

腰痛持ちの医師が大きな効果を上げた「骨盤落とし」

手術を受けないことを選択 名古屋駅前にある、ほんべ眼科院長の本部千博先生は、20代のころから、

記事を読む

収縮した筋肉を動かすことで筋肉はゆるみ腰痛が治る

立った状態で腸腰筋をゆるめることもある ある腰痛の専門院では、腸腰筋が腰痛の原因だと疑われた場

記事を読む

肩こり・腰痛に効く腕立て伏せ

腕立て伏せは、腹筋と背筋の両面を同時にバランスよく鍛えるうえで効果の高い運動です。ここでは、

記事を読む

なぜ、おなかをもむと腰痛が治るのか

腹筋や背筋を鍛えただけでは慢性腰痛は解消しない 慢性腰痛の場合、改善するには、腹筋や背筋を鍛え

記事を読む

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑