*

目の疲れによる腰痛には「耳ひっぱり」が効果的

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

029

目の酷使による腰痛が最も多い

整体院の患者さんが訴える症状で、圧倒的に多いのが腰痛です。腰痛には、いろいろな種類があります。そのため施術の前には、何が原因で腰痛を起こしているのかを、正確に見極めることが必要です。

ただし、整体では、整形外科のように腰周辺に注目した診断は行いません。では、どうするのかというと、全身すべてをくまなく観察するのです。

人間の体には、内臓の緊張を腰痛として感じるしくみがあります。例えば、過度な飲酒で肝臓が弱っている、便秘で腸が詰まっている。このどちらも、内臓の緊張が腰の痛みとして感じられます。

ですから、主訴は腰痛であっても、全身の観察が必要なのです。そして、最も負担がかかっている部位を見極め、その場所を施術します。すると、腰には指1本触れなくても、腰痛が改善されていきます。

そういった内臓の緊張によって起こる腰痛のなかで最も多いのが、目の酷使による腰痛です。目と腰は場所こそ離れていますが、非常に関係が深い部位なのです。

目からくる腰痛の特徴は、腰椎(背骨の腰の部分)の1番、2番、3番の指2本外側のラインが硬くなることにあります。

自由が丘・浜田整体院の浜田先生が治療に用いている野口整体(整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論)では、ここは目のポイントです。実際、目の疲れが高じるにつれて、この部位は硬くこわばっていきます。そして、やがて腰に痛みが生じます。

逆に言えば、ここが硬直していれば、間違いなく目の酷使による腰痛です。ただし、それを自分で判断するのは難しいかもしれません。

そこで、もっとわかりやすい目安として、体を後ろに反らす方法があります。体を後ろに倒すのが難しい、やりづらいと感じるなら、目の酷使による腰痛でしょう。

また「老眼と同時期に腰痛がひどくなった」「目の疲れを日ごろから感じていて腰も痛い」という人も、ほとんどの場合、当てはまります。また、慢性腰痛も、目からきていることが非常に多いのです。

このような目の酷使による腰痛を改善する方法が、今回浜田先生が紹介する「耳ひっぱり」です。その名のとおり、耳をグイグイと引っ張り、目の緊張をほぐしていきます。

これは浜田先生が、施術で頻繁に用いている方法です。浜田先生は「何をしても治らない」という腰痛が、耳ひっぱりでよくなる症例を、何度となく経験してきました。

痛みがなくなるまで引っ張る

耳ひつぱりは、次の4つの手順で行います。

①耳を引っ張る

目を酷使すると、目の周辺に緊張が及び、眼球も目の周辺もガチガチになります。耳を引っ張ることで、目の周辺の緊張をほぐします。

このとき、耳を頭蓋骨から引きはがすような感じで行います。耳の上部や中ほど、下部など、部位によっては、痛みの強さに差があるでしょう。痛みを強く感じる部位ほど、たくさん引っ張ってください。

また、引っ張る方向は、「目に効かせる」という意識で、真横や後ろなど、引っ張る方向を工夫してみてください。

痛みがなくなるまで行うのが理想的ですが、目の疲れがひどい場合は、一度では痛みを取り切ることができません。毎日続けるうちに、痛みを感じなくなるでしょう。

②こめかみをつり上げる

硬くなった眼球を、柔らかくするのに効果的な動作です。人さし指をこめかみに当てて、皮1枚のみを動かすつもりで、そっと上につり上げます。力は入れず、優しく行います。

③まゆ毛をなでる

まゆ毛は、目の周囲の老廃物がたまりやすい部位です。人さし指でまゆ頭からこめかみまで、グッと強い力をかけてなでます。老廃物を流し出すような要領で行いましょう。

④目を温める

蒸しタオルか両手のひらを、目の上に当てます。手で行う場合は、目に触れるか触れないかの位置に手のひらを置きます。3~5分行うとよいでしょう。蒸しタオルの場合は、タオルが冷めるまで行います。

なお、耳ひつぱりを行う前後で、眼球にそっと触れて眼球の硬さを確認するとよいでしょう。行った後は、眼球が柔らかくなっているはずです。眼球が硬いままなら、④を再び行います。

現代人は、パソコンやスマートフォンの使用で、目を酷使し過ぎです。目が疲れると、自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)に悪影響を及ぼし、全身がひどい緊張状態に陥ります。

耳ひっぱりは、腰痛だけでなく、頭痛や更年期障害、自律神経失調症など、目の酷使によるあらゆる不調に有効です。ぜひお試しください。



関連記事

腰痛や寝たきりで苦しまないために週に1回、30秒のスクワット

体を動かすことは心理面にもいい影響を及ぼし 慢性腰痛にとって運動はきわめて有効です。今ある痛み

記事を読む

「おなかもみ」のおかげですぐに腰の痛みが軽くなった

東京都 60歳 主婦の方の体験談です。 おばあさんみたいな自分の姿にショック あるとき、

記事を読む

肩こり・腰痛に効く腕立て伏せ

腕立て伏せは、腹筋と背筋の両面を同時にバランスよく鍛えるうえで効果の高い運動です。ここでは、

記事を読む

「これだけ体操」で腰痛がほとんど起こらなくなった

手術を勧められたほどの腰痛が改善した東京都 42歳 看護師 女性の方の体験談です。 5分も

記事を読む

西洋医学と東洋医学の利点を融合させた遠絡療法による腰痛の改善

西洋医学と東洋医学を融合させて体系化 年々、医療は目覚ましい発展を遂げていますが、病気に苦しむ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑