*

腰を痛めない姿勢で座る

公開日: : 腰痛の知識, 腰痛を予防する生活術

024

前屈、後屈の姿勢は避ける

背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っているときも変わりありません。前かがみや後ろにそっくり返った姿勢では、脊椎のカーブを正常に維持することができないからです。

ところが、家でくつろいでいるときや、仕事に没頭しているときは、ついついこうした姿勢をとったまま長い時間を過ごしてしまいがちです。

ふだんから正しい座り方を心がけるとともに、長時間座っていても姿勢が極端に乱れないような座り方を工夫したいところです。

イスに座るときは、足の裏をしっかり床につけ、ひざともも、ももと腰がそれぞれ直角になるようにイスの高さを調整します。

食事などのときは、やや浅めに腰かけ、テーブルや背もたれから一定の間隔を置きましょ

う。逆に、パソコンなどの仕事でデスクに向かう場合は、背もたれと背中がフィットするよう深めに腰かけるほうが、正しい姿勢を無理なく維持することができます。

また、やわらかいクッションのソファに腰を沈め、足を投げ出してくつろいでいる姿勢は、リラックスできるように見えて、意外と多くの負担が腰にかかります。こんなときは、腰の後ろにタオルや薄いクッションをはさむだけで、腰の緊張をかなり防ぐことができます。

畳に座るときの注意

どっかりとあぐらを組んでテレビの前に座り、片手でほおづえ、もう片手にビールをもってスポーツ観戦-。

休日によく見られそうな光景ですが、これも決して腰のためにはよくありません。ひざをくずしての横座りも、腰椎の湾曲を強めることになり、好ましくありません。

腰のことを考えれば、イス中心の生活をおすすめしたいところですが、どうしても床に座らなければならない場面では、なるべく背筋を伸ばした座り方を心がけましょう。

背筋が伸びる点では、むしろ正座のほうが腰への負担は少なくてすみます。あぐらで座る場合は、座布団はおしりの下だけに敷いて足のほうが10~15センチ低くなるようにすると、安定性が高まり、正しい姿勢を楽に維持できるようになります。

また、なるべく座卓などを前に置き、手をついて座るようにすれば、背筋も自然と伸ばすことができます。

筋肉の緊張を防ぐためには、同じ姿勢のままで体を固定しないよう、ときどき足を組み替えてください。これは、イスに座っているときも同様です。



関連記事

「腰痛」の定義

「腰」はどの部分を指しているか 「腰痛」と一口に言いますが、その定義は人それぞれです。これ

記事を読む

慢性腰痛は悪い姿勢などが引き起こす「生活習慣病」

痛みが起こらないしっかりとした土台づくりをすることが必要 慢性腰痛は悪い姿勢などが引き起こす「

記事を読む

腰痛は脳の働きが引き金となって発症することがある

腰痛の治療を考えるには脳の科学までが必要 脳と腰痛に関しての研究はいくつも報告されています。

記事を読む

医師が答えてくれる腰痛Q&A その1

ここでは、腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答

記事を読む

腰痛のタイプの違い

痛みのタイプさまざま ひと口に腰痛といっても、痛み方はさまざまです。痛みのタイプについて、

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑