*

腰を痛めない姿勢で座る

公開日: : 腰痛の知識, 腰痛を予防する生活術

024

前屈、後屈の姿勢は避ける

背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っているときも変わりありません。前かがみや後ろにそっくり返った姿勢では、脊椎のカーブを正常に維持することができないからです。

ところが、家でくつろいでいるときや、仕事に没頭しているときは、ついついこうした姿勢をとったまま長い時間を過ごしてしまいがちです。

ふだんから正しい座り方を心がけるとともに、長時間座っていても姿勢が極端に乱れないような座り方を工夫したいところです。

イスに座るときは、足の裏をしっかり床につけ、ひざともも、ももと腰がそれぞれ直角になるようにイスの高さを調整します。

食事などのときは、やや浅めに腰かけ、テーブルや背もたれから一定の間隔を置きましょ

う。逆に、パソコンなどの仕事でデスクに向かう場合は、背もたれと背中がフィットするよう深めに腰かけるほうが、正しい姿勢を無理なく維持することができます。

また、やわらかいクッションのソファに腰を沈め、足を投げ出してくつろいでいる姿勢は、リラックスできるように見えて、意外と多くの負担が腰にかかります。こんなときは、腰の後ろにタオルや薄いクッションをはさむだけで、腰の緊張をかなり防ぐことができます。

畳に座るときの注意

どっかりとあぐらを組んでテレビの前に座り、片手でほおづえ、もう片手にビールをもってスポーツ観戦-。

休日によく見られそうな光景ですが、これも決して腰のためにはよくありません。ひざをくずしての横座りも、腰椎の湾曲を強めることになり、好ましくありません。

腰のことを考えれば、イス中心の生活をおすすめしたいところですが、どうしても床に座らなければならない場面では、なるべく背筋を伸ばした座り方を心がけましょう。

背筋が伸びる点では、むしろ正座のほうが腰への負担は少なくてすみます。あぐらで座る場合は、座布団はおしりの下だけに敷いて足のほうが10~15センチ低くなるようにすると、安定性が高まり、正しい姿勢を楽に維持できるようになります。

また、なるべく座卓などを前に置き、手をついて座るようにすれば、背筋も自然と伸ばすことができます。

筋肉の緊張を防ぐためには、同じ姿勢のままで体を固定しないよう、ときどき足を組み替えてください。これは、イスに座っているときも同様です。



関連記事

腰痛は大きく二つに分けられる

効果的な腰痛対策はまったく違う 中高年世代をはじめ、働き盛りや若い人まで、多くの人を悩ませてい

記事を読む

腰痛は2本足で立つ人間の宿命の病気

腰痛を訴える人は非常に多い 厚生労働省の平成14年の調査では、健康状態に関する自覚症状のう

記事を読む

若い人に多い腰痛

スポーツマンに多い脊椎分離症 若い人にみられる腰痛の原因のひとつとして、「脊椎分離症」およ

記事を読む

「腰痛」の定義

「腰」はどの部分を指しているか 「腰痛」と一口に言いますが、その定義は人それぞれです。これ

記事を読む

あごがずれると神経が圧迫されて腰痛が引き起こされる

あごのずれを治す「アウアウ体操」 あごのずれによる影響は、ほとんどの場合、首のこりや腰のこ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑