*

長年腰痛で悩んでいる人は、かみ合わせを見直してみてみる必要が

022

肩こりや耳鳴りも引き起こす

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。

長年、偏ったかみ方を続けていると、常にかむ歯がすり減り、前後・左右で歯の高さに差が生じます。すると、その差に応じて、頭の位置が傾きます。

頭が傾けば、バランスを取るために、首や肩の筋肉が異常に緊張します。この状態が長く続けば、背中や腰、ひざなどの骨もゆがみ、全身の不調を招くと考えられるのです。

さらに、物をかむさいに使う咀嚼関連筋肉は、左右バランスよく使うことで、頭部の血流を円滑に保つしくみになっています。ですから、偏った使い方が習慣化すると、目や耳、鼻、脳などにも不調が起こりやすくなるのです。

このようなかみ合わせが原因で起こる不調を「咬合関連症」(こうごうかんれんしょう)といいます。整形外科などで治療を続けても、いっこうに改善しない腰痛は、もしかしたら咬合関連症かもしれません。

かみ合わせの状態は、聴力検査で調べることができます。

東京港区・長坂歯科医院院長の長坂斉先生が、かみ合わせと聴力の関係に気付いたのは、30年ほど前、ある高齢の患者さんの治療がきっかけでした。

その患者さんは、顎関節症と併せて、腰痛や肩こり、耳鳴り、難聴など、全身の症状を訴えていました。それが、歯科治療によって、前後左右バランスよくかめるようになると改善したのです。このとき、聴力も回復しました。

その後、東北大学や東京歯科大学との共同研究で、さまざまなことがわかってきました。現在は、その人の左右の聴力を調べることで、どの歯をよく使っているのか・いないのかを、おおよそ判定できるまでになっています。

腰痛の場合は、片かみのクセがある人、奥歯でかめない人が多いようです。

日本人は、右手で持ったはしで食べ物を口に入れるため、左側の歯でかみがちです。この左側の片かみが習慣化すると、左側の歯がすり減り、頭が左へ傾きます。すると、傾いた頭を支えるために、右側の首や肩の筋肉が異常に緊張します。

この状態が長く続くと、上体のバランスを取るために、腰の左側に負担がかかります。腰の左右どちらか一方が強く痛むという人は、片かみのクセがついているのかもしれません。

腰痛は、奥歯を抜いたままにしている人にもよく見られます。

若い人は、よくかむ=奥歯を使う、と考える人が多いようです。このような人は、40歳くらいになると奥歯がすり減り、頭の重心が後ろへ傾きます。これが原因で、首の痛みや四十肩が生じることもあります。

さらに、奥歯でのかみグセは、奥歯への荷重負担となり、奥歯周辺に炎症や歯周病が生じやすくなります。

奥歯に炎症などが生じると、今度は奥歯でかめなくなります。すると、歯の前側がすり減るため、頭の重心が前へ傾きます。

その結果、上体のバランスを取ろうとして、腰に負担がかかるのです。

50歳以降でギックリ腰を起こしたり、腰痛がひどくなったりした人、首や肩にも不調があるという人は、奥歯を使えていないのかもしれません。

その場で腰の痛みが軽減する例も多い

腰痛をはじめとする咬合関連症の予防・改善のためには、前後左右の歯をまんべんなく使う習慣を付ける必要があります。

東京港区・長坂歯科医院では、かみ合わせ治療と合わせて、自宅でのかみ合わせトレーニングを患者さんに勧めています。軽い咬合関連症であれば、このトレーニングだけでも改善するでしょう。

トレーニングは、朝、起床してすぐと、毎食後の1日4回行ってください。やり過ぎは、かえって歯に負担をかけます。食事は前後・左右の歯をまんべんなく使うように意識しましょう。併せてムシ歯や歯周病、かみ合わせの治療を行うと、効果はより出やすいはずです。

かみ合わせトレーニングを行うと、首や肩、腰の筋肉の緊張が取れるため、その場で腰の痛みが軽減する場合も少なくありません。

現在94歳のある女性は、5年ほど前に「口が開かない」と訴えて来院されました。

彼女はひどい腰痛で、このときは車イスを使用していました。ひどい頭痛や肩こりもあったのです。残った歯と合わせて、口全体を使えるよい入れ歯を作ったところ、入れ歯を入れたその場で、腰の痛みが消えました。そしてこの日は、自分で歩いて帰宅したのです。頭痛や肩こりも改善しました。

4年後、彼女はその人れ歯を紛失してしまいました。すると腰痛が再発し、歩行時に杖を使用するようになったのです。再度入れ歯を作ったところ、腰痛は消え、杖を使わずに済むようになったそうです。

長年腰痛で悩んでいる人は、一度、かみ合わせを見直してみてはいかがでしょうか。



関連記事

腰痛の改善や予防に「耳つかみ」は効果的

肩の力を抜いてから上がっている肩を下げる 耳つかみをやる前には、自分の体のゆがんでいる方向を知

記事を読む

足抱え体操は腰椎すべり症による腰痛にも有効

椎間板ヘルニアの人はやってはいけない 足抱え体操をすると、その場で脊柱管が広がるので、痛み

記事を読む

今起こっている腰痛を早めに改善したい時は「鼻の横押し」と「ストレッチ」

その場で緊張が取れる! 日常生活の中で、ちょっとした無理や油断をすることで起こる、腰痛。そんな

記事を読む

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

足の指のまたを押すと冷えからくる腰痛が楽に

急な症状にも対応できるセルフケア 「先生、急に腰に痛みが‥…」 「体に湿疹が出たんですけ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑