*

総合病院一心病院内科医の小出浩久先生が勧める、腰痛や肩こりがすぐに解消する「気功腕ふり」

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

015

幼少時の病弱が東洋医学へ誘った

勤務する病院で、私は長年、気功教室を開いてきました。この気功教室を始めてから、気づけば今年で19年になります。

今回、ご紹介する腕ふりは気功法の一つで、スワイショウといいます。スワイショウは、気功教室では、準備運動としていつも最初に行っています。腕をふるだけのシンプルな動きですが、健康効果の非常に大きい運動です。

最初に、西洋医学の医師である私が、東洋医学の代表的な健康法である気功に興味を持ったた経緯をお話しします。

幼少時代、私はひ弱な少年でした。小学校の低学年のころは病気ばかりしており、病院に頻繁に通っていました。

長じて中学に入るころになると、不眠に悩むようになります。不眠症というほど深刻ではありませんが、些細なことでよく眠れなくなりました。

例えば、翌日、学校で何か発表をするとか、大事な約束があるとか、そんなことが控えた晩にはいろいろな考えが頭に浮かび、寝つきが悪くなってしまうのです。自分は寝るのが苦手だと思うようになりました。

そのため、リラックスするための方法に興味を持つようになりました。ヨガや自律神経(意志とは無関係に体を支配する神経)を鍛える本を読んだり、体を温める食べ物・冷やす食べ物などを調べたりしたのです。今から思えば、少し変わった中学生だったかもしれません。

そうしたことを調べるほどおもしろく、将来はそんなことを仕事にしたいと考えながらも、結局、私が選択したのは医師でした。体への関心という側面では、似た職業といえるかもしれません。

気功の力で首の激痛がパッと消滅した

医師になってからも、ヨガへの関心はありましたが、東洋医学でいう一種の生命エネルギーである気については懐疑的でした。気功を実際にしてみるまでは、いかがわしいものと考えていたのです。

そんな私のイメージを変えた出来事があったのが、1992年です。病院の同僚が気功の先生を招き、気功教室を何度か開きました。そのときの先生が、高名な気功家である干永昌先生です。私も参加し、生まれて初めて気功を体験しました。

気功教室の2回目のときだったでしょうか、立った姿勢でおなかに大きなボールを持つように、手のひらを丹田(へその下辺り)に向けるポーズを取ったときのことです。

突然、首の辺りが熱くなってきました。そのまま首がもげてしまうと思えるくらい、首の片側が熱くなったのです。次の瞬間、スコーンと何かが頭に抜ける感覚がありました。そして、長年悩まされていた首の痛みがほぼ解消したのです。

私は、中学生以来、首の痛みに悩んできました。修学旅行のとき、友人がふざけて私を後ろからけり飛ばし、それ以来ムチ打ち(頚椎ねんざ)がありました。疲れがたまると、首が回らなくなり、ひどく痛みます。

整形外科で診てもらっても、「ストレートネックですね」と言うばかりで、治療をしてくれません。ストレートネックとは、首の部分の骨が正常化カーブを描かずに、まっすぐに伸びた状態をいいます。ストレートネックだと、首の痛みや肩こり、腰痛、頭痛、腕のしびれ、扇が上がらないなどの諸症状が出やすいといわれています。

それが、たった数回の気功によって、首の痛みがパッと消滅したのには驚きました。気功とはすごいものなのだなとしみLじみ実感したのです。

肩こりや腰痛が即効で解消する

私が教わった気功は、立ったまま行う座禅といわれています。心を鎮めて、立ったまま静かに瞑想することによって、体に気を巡らします。

しかし、初心者向けの気功教室では、この気功はそれほどウケません。単調過ぎると感じる人が多いようです。

そのため、私が気功教室を始める際に、代わりに選んだのがスワイショウです。

スワイショウは、前後、もしくは左右に腕をふるだけの非常にシンプルな運動ですが、実に奥深いのです。体中に気が巡り、気持ちがいい動きです。

私は、普段とても忙しく、気功教室が始まる寸前まで、病院で患者さんの治療に当たっています。病院から数メートル先にある気功教室に移っても、即座に気功に頭を切り替えることは、普通だったら困難です。

しかし、病院と気功教室の間にスワイショウを挟むことで、自然と頭を気功へ切り換えることができます。仕事がどんなに忙しくても、腕をふっているうちに、スーツと気功の世界へ入って行くことができるようになりました。

気功教室の参加者にも、スワイショウはとても好評です。教室で行うだけではなく、普段から自宅で日課としている人も多いようです。

スワイショウを行うと、肩こりや腰痛が即効で解消します。初めてのスワイショウで、腰痛があっという間によくなったという人もいます。

また、うつやうつ傾向の人にもお勧めします。スワイショウは、体の健康はもちろん、心の健康を取り戻すためにも役立つ運動なのです。



関連記事

脊柱管狭窄症による腰痛を軽減する「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のやり方

「横向き足抱え」のやり方 まずは、「横向き足抱え」です。横向きに寝て、ひざを抱えて腰を丸めます

記事を読む

身体の冷えから来ていた腰痛が「足の指のまた刺激」で楽になった

頻繁に起きるめまいまで解消した愛知県 45歳 会社員 女性の方の体験談です。 慢性の腰痛は

記事を読む

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

仙骨の辺りに痛みがある腰痛には「ほのまき体操」が効果的

筋力が弱いと体を支えられず痛みが出る 名古屋市のおばた治療室では、鍼灸治療に加え、指圧、整体、

記事を読む

腰痛やひざ痛、股関節痛の痛みも、脚を温めることで緩和される

血液のポンプ作用の65%は脚の筋肉が担う 昔から「冷えは万病の元」といわれています。体が冷える

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑