*

仙骨の辺りに痛みがある腰痛には「ほのまき体操」が効果的

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

050

筋力が弱いと体を支えられず痛みが出る

名古屋市のおばた治療室では、鍼灸治療に加え、指圧、整体、アロママッサージなどを行っています。しかし、いくら治療をしてもすぐに痛みが再発する人がいます。

それは、筋力が弱くて体を支えられずに痛みが出ている人です。その場合、筋力を強化しなければ痛みは解消しないので、治療でほぐした後に、必要に応じて体操の指導もしています。

また、肩こりや腰痛を自分で治したい、体力をつけたい、という人のために体操教室も開いており、そこでは硬くなった筋肉をほぐしたり、伸ばしたり、関節を回したりして、動かしやすい状態にしてから、筋トレを行っています。

おばた治療室代表の岩月麻里先生は、体を整えるための4つの要素「ほぐす・伸ばす・回す・鍛える」の頭文字をとって「ほのまき体操」と名付lナました。

ほのまき体操は、一人一人の体の状態、現れている症状によって、内容が変わります。ほぐす・伸ばす・回す・鍛えるの4つすべてが必要な場合もあれば、4つのうち必要なものだけを行う場合もあります。

今回は、腰痛に効くほのまき体操を紹介します。腰痛にもいろいろなタイプがあり、この体操が適応となるのは、お尻の仙骨(骨盤の中央にある三角形の骨)の辺りに痛みがある人です。

仙骨の辺りに痛みがある人は、仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節の靭帯がゆるんでいるケースが大多数です。靭帯に代わって、周りの筋肉が体を支えようとがんばるため、疲れて痛みが出ているのです。

仙腸関節は、前かがみの姿勢や、お尻が落ち込む座り方を長時間続けていると、ゆるんできます。パソコン、草むしりや農作業、仕事で前かがみの姿勢になることが多い人は、ぜひこの体操をやってみてください。

また、生理痛のある人や、産後の腰痛、年齢とともにお尻の筋力が落ちてきた人にもお勧めです。

なお、今回ご紹介するほのまき体操は、脊椎すべり症など、腰を反らせると痛くなるタイプの腰痛には向きませ
ん。ギックリ腰で痛みが強いときに、無理にやるのも禁物です。

目安は、気持ちがいいかどうかです。痛みを感じるときは無理をしないでください。

座るだけで筋力がつく!

腰痛に効くほのまき体操は、次のとおりです。

①伸ばす ゆるんだ仙腸関節を元に戻すため、体を伸ばしたり、ひざを抱えたりという動作をくり返します。

②回す 腰を左右に回して、骨盤を整えます。この体操は急性期の腰痛にも有効です。

③鍛える お尻をキュツと締めて、大臀筋を鍛えます。

なお、「ほぐす」は、仙骨周辺の腰痛の場合は、必要ありません。

体操教室にお越しのFさん(50代・女性)は、中腰の姿勢で、ガス台の下を掃除しているときに、腰痛を起こしました。すぐに、ほのまき体操を思い出し、試しに小さく腰を回したところ、徐々に可動域が広がって大きく回せるようになり、腰がらくになったそうです。

それから、ぜひ気を付けていただきたいのが、普段の座り方です。

腰痛予防のためには、骨盤を立てて座ることが大事ですが、お尻の下に座ぶとんやクッションを敷くと、骨盤を立てやすくなり、背筋も鍛えられます。

筋力が弱いうちは、この姿勢を保つのはきついかもしれません。そのときは、背もたれと腰の間にクッションなどを入れて支えると、S字カープを保ってよい姿勢で座ることができます。日常的にこの座り方を行うだけで、筋力がついてきます。

なお、この座り方は、仙骨付近の腰痛だけでなく、すべての腰痛にお勧めです。

骨盤を立てて背すじを伸ばして座れば、胸が開いて呼吸も深くなり、内臓の働きもよくなります。全身の健康づくりにも役立ち、姿勢も改善されます。ぜひお試しください。



関連記事

腰痛が治らない人にすすめ「アウアウ体操」のやり方

仕事中やテレビを見ながらでも出来る 大阪大学名誉教授の丸山剛生先生の咬合医療センターでは、

記事を読む

オフィスでできるストレッチ

仕事の合間に簡単にできるストレッチです。 ◇その1 背筋を伸ばすストレッチ イス

記事を読む

「耳の下さすり」で腰痛が改善し驚いた

寝ても立ってもつらい腰痛が完治したた兵庫県 51歳 主婦の方の体験談です。 整形外科ではよ

記事を読む

「足の筋肉はがし」で腰椎分離すべり症が改善!腰の痛みが軽減してきた

就寝時に湿布を貼る回数も減った! 福岡県にお住いの田端さん(65歳・仮名)が、腰に痛みが出るよ

記事を読む

「これだけ体操」でギックリ腰の不安から解放された

つらかったギックリ腰がらくになり坐骨神経痛も改善した東京都 43歳 大学職員 女性の方の体験

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑