*

「AKA-博田法」のおかげで30年ぶりに腰が軽くなった

011

AKA-博田法で椎間板ヘルニアが改善した健康雑誌記者の体験談です。

椎間板ヘルニアの手術を受けたが…

「AKA-博田法」は、これまで注目されていなかった仙腸関節に腰痛の原因がある、ととらえた画期的な治療法です。

今回、そのAKA-博田法の指導医で、日本AKA医学会理事長の片田垂彦先生を尋ね、実際にAKA-博田法の治療を体験してきました。

まず最初に、私の腰痛歴をお話ししましょう。

学生時代に競技スキーをやっていましたが、それほど上手ではない私は、練習や大会でよく転んでいました。それが影響したのでしょうか、20代から常に腰の重だるさを感じるようになったのです。ギックリ腰をくり返すようになり、腰の痛み方が、鈍痛から、ビリビリとした痛みに変わってきました。

そこで、きちんと検査をしたところ、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎問板が飛び出した状態)と診断され、「早く痛みから逃れたい」との思いから手術を受けました。35歳のころです。

手術後は、ビリビリした痛みはなくなりましたが、相変わらず鈍痛は続きました。このまま、うまくつきあっていくしかない、とどうにかだましだまし過ごしてきたのです。

ところが3年ほど前から、「ビリビリ」が再発したのです。

同時に、道の平坦なところでも10分、上り坂では、ものの1分も歩くと、お尻や太ももの裏側やふくらはぎが張ってきます。その場で立ち止まったり、どこかに腰掛けたりしなければ、歩けなくなったのです。

しかし、我慢できない痛みではありません。休み休みなら歩けるので、今は、外出時は早めに家を出るようにしています。

以上が、私の30年に及ぶ腰痛歴と現在の状態です。

片田先生にも、発症時期や痛みの程度、症状の出方などを話し、診察が始まりました。

まず、立った状態で前屈、後屈、側屈をして、痛みが出る位置を見てもらいます。前屈ではどこまで曲げられるか、側屈では動きの左右差も診断の目安になります。それが終わると、べッドにあおむけになり、股関節の異変がないか、左右の足上げテスト(SLR)、屈曲テストを行います。

私の場合、足上げテストの途中で、お尻の横側が張るのを感じました。左側に比べ右側の仙腸関節の動きが悪く、関節に「あそび」がなくなっていると診断されたのです。

30年ぶりに腰が軽くなった!

治療はまず、体の右側を上にして、ベッドに横になります。すると先生が、私の腸骨と仙骨に手を触れ、指で、上下左右に「ぐ一っ」と押して動かします。その動かし方は非常に微小ですが、治療を受けている私には、はっきりと骨(関節)が動くのがわかりました。

とても不思議な感覚でしたが、痛みはまったくなく、むしろ心地よい解放感のようなものがありました。

今度は体を反転して、左側の治療を行います。そしてもう一度、右側を治療して終了。治療後は、改善の度合いを調べるテストを行いました。ここまでで5~6分でしょうか。

治療直後に感じたのは、まず「立ちやすさ」です。腰の痛みのため、足に体重がうまく乗らない日々でしたが、足の裏全体で地面を踏みしめる感覚が戻ったのです。痛みも和らいでいることを感じました。

3日後、外出をしてみたところ、平坦な道では休まずに歩けるまでに改善しました。いつもは、4回は休憩を挟まなければ上れなかった坂も、1回の休憩で上れるようになっています。

現在は、30年ぶりに腰の軽さを感じているところです。これからも定期的に片田先生の病院に通い、治療を受けようと思っています。



関連記事

慢性腰痛に対しての運動療法の効果

コスト面では集団運動療法が最も安価 どんな方法で行う運動療法が慢性腰痛に対して効果があるのかに

記事を読む

慢性腰痛に効果が期待できる治療法「認知行動療法」

心理的ストレスが軽減されていく ヨーロッパの腰痛ガイドラインで、慢性腰痛に効果が期待できる治療

記事を読む

ギックリ腰に即効性が期待できる「指組み」

ギックリ腰を起こす要因は筋肉の過緊張 ギックリ腰は、「魔女の一撃」と呼ばれるように、ふとしたひ

記事を読む

腰痛の検査

骨量検査(骨密度検査) 腰痛の原因が、骨租しょう症による骨の変形や骨折によるものと疑われる場合

記事を読む

腰痛の薬物療法は転換期を迎えている

長期間の定期的な投与は避けるべき 高齢者の腰痛の痛みに対する第一選択の薬物は、鎮痛薬のひとつで

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑