*

腰痛を予防するマットと寝相

公開日: : 腰痛を予防する生活術

048

ほどよい硬さのマットを選ぶ

腰を傷めないベッドの条件も、ひざのための条件とさほど変わりはありません。

最も大切なのはマットの硬さで、体が沈み込んでしまうようなやわらかなマットでは、背中とおしりの部分が必要以上に沈み、腰を疲れさせてしまいます。

また、適度な硬さがなければ、寝返りが打ちにくいという難点もあります。肩を起点とする自然な寝返りが打てないと、どうしても下半身を先にひねってしまいがちです。無意識での動作だけに、加わる力も予想外に強く、これが腰を痛める原因になるのです。

かといって、硬すぎるマットでは体の重みを分散して受けとめられず、よい寝心地も得られません。マットを選ぶときは実際に横になってみて、おしりが1~2センチほど沈むくらいの硬度を目安にするとよいでしょう。

腰を傷めない寝相とは

寝るときの姿勢にも注意が必要です。腰にとつてもっともやさしい姿勢は、横向きになってひざを曲げ、背中を丸めた状態とされています。

仰向けで寝るときは、ひざを曲げると腰椎のそり具合が弱められ、より腰に楽な姿勢をとることができます。ひざの下に枕やタオルケットなどをはさんでおけば、寝ている間にひざが伸びてしまうのを防げるでしょう。

もっとも悪いのはうつぶせの状態で、とくに寝る前に本を読むときのように、上半身を後ろに起こす姿勢はご法度です。

普通に横になっている場合でも、枕のぶんだけ状態が後ろにそってしまうため、腰の湾曲を強めることになってしまいます。

枕については、頭をのせた状態で6~8センチの高さが目安です。寝返りをうっても頭が落ちないよう、ある程度の幅の広さが必要です。



関連記事

肩こり・腰痛に効く腕立て伏せ

腕立て伏せは、腹筋と背筋の両面を同時にバランスよく鍛えるうえで効果の高い運動です。ここでは、

記事を読む

腰痛を予防する歩き方と日常動作

腰を落とさず、背筋を伸ばして 歩くときにも注意したいのは、猫背にならないことです。 街中

記事を読む

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っている

記事を読む

腰痛や寝たきりで苦しまないために週に1回、30秒のスクワット

体を動かすことは心理面にもいい影響を及ぼし 慢性腰痛にとって運動はきわめて有効です。今ある痛み

記事を読む

腸腰筋を鍛えて腰痛を防ぐ「正しい歩き方」

癖のない正しい歩行とは 正しい姿勢で歩くことは、一歩ごとに自分で自分の体をケアしていること

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑