*

腰痛予防と腰痛軽減のためのストレッチの注意点

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

044

弾みをつけずにおこなうのがポイント

腰痛予防と腰痛軽減のための運動といえば、すぐに思い浮かぶのが腰痛体操です。

しかし、腰痛体操は若年層を対象としてプログラムされたものが多いため、痛みが激しいときにはかえって症状を悪化させる危険があります。

また、これらの体操は、体が十分に温まらないうちにいきなりおこなうと、筋肉を傷める原因にもなります。

そこで、腰痛の症状がない健康な人から、腰痛の治療をすでにおこなっている人まで、広くすすめられるのがストレッチングです。年齢に関係なく、自宅でリラックスした状態でおこなうことができ、特別な道具も必要ありません。

腰痛予防には、背筋と腹筋を鍛えることが欠かせませんが、軽度の痛みがある人でもおこなえるよう、関節への負担が少ないメニューを中心に紹介しています。

ただし、腰痛のストレッチを始めるにあたっては、

・ゆっくりとした動作でおこない、決して弾みをつけないこと。

・痛いと感じるところまで伸ばさないこと。

・動きを止めているときの呼吸は自然にすること。

・痛みの急性期には安静を優先し、運動は控える。

の4点を守ってください。

これは、筋力トレーニングにおいても同様です。すべての運動には個人差があるので、自分に合わないと思ったら、その運動はおこなわないようにしましょう。



関連記事

「5秒伸び体操」のおかげで股関節の痛みも改善し肩こりまでよくなった

大阪府 45歳 主婦の方の体験談の続きです。 すじが元に戻れば股関節の痛みが和らぐ そん

記事を読む

腰痛や肩こりなど、体のさまざまな不調が改善した「耳つかみ」

耳つかみで足の長さもそろった石川県 62歳 主婦の方の体験談です。 重い掃除機を運んだり引

記事を読む

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

間欠性跛行の人は「おじぎストレッチ」で足腰の筋力を維持

爪先から着地して歩けば歩行距離が延びる 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

脊柱管狭窄症の痛みやしびれがすっかり取れたのは「横向き足抱え」と「腰丸め体操」のおかげ

足の裏に違和感を覚えるようになった 東京駅そばの竹谷内医院では、カイロプラクティックの施術を行

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑