*

腰痛に効果のある1日5分のストレッチ

043

腰痛予防・改善する背筋と腹筋の柔軟性や筋力を高める運動は、両者をバランスよくおこなう必要があります。また、筋肉を一気に弛緩させると、血液が筋肉内に滞留してめまいなどをおこしやすくなります。運動を始める前には全身をリラックスさせ、運動後のクールダウンも忘れずにおこないます。

◇その1 全身のリラクゼーション~腹筋を伸ばす

仰向けに寝て、手足を自然な状態に伸ばし、目を閉じます。力を抜き、最初はゆっくりと深く呼吸しながら、徐々に呼吸を整えていきます。

◇その2 全身のリラクゼーション~背筋を伸ばす

横向きに寝て体を丸め、目を閉じます。ひざを抱え込んだり、頭を下げたりといった無理な姿勢はとらず、リラックスした状態を保ちます。

◇その3 ウォーミングアップとクールダウン

イスに座り、つま先を床につけたままで、かかとを上げ下げしながら足踏みをします。腕は歩くときと同じように軽くふります。合間でときどき足を止め、手を上にあげて背伸びをします。繰り返しながら、1~2分ほど続けます。



関連記事

「横向き足抱え」と「腰丸め体操」で治りにくい両足のしびれも改善

多くの患者さんに良好な効果が現れて 脊柱管狭窄症になると、「10分歩いただけで、痛みやしびれが

記事を読む

背筋を鍛える筋力トレーニング

立っている姿勢や座っている姿勢を保つためには、腰椎の後方にある脊柱起立筋などの筋肉を緊張させ

記事を読む

外出した時の腰を痛めない方法

上りよりも下りに注意 駅やマンション、デパートなどの階段を上るときは、手すりなどにつかまりなが

記事を読む

農作業のせいで痛かった腰が「高分子コラーゲン」で和らいだ

夫婦で飲んでひざと腰の痛みが消えた山梨県 62歳 自営業 男性の方の体験談です。 体が軽く

記事を読む

立ちながら腸腰筋をゆるめる「腹もみ」

気軽に行える「腹もみ」 腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめる

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑