*

腰痛に効果のある腰やおしりのストレッチ

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

040

大腿部からおしり、背中まで、腰まわりの背面筋肉全体を伸ばすための軽いストレッチです。背筋や腹筋のストレッチを始める前のウォーミングアップにも最適です。

◇その1

床に座って後方に手をつき、ひざをかるく曲げます。足をゆっくり前方に伸ばし、ひざが伸びきったら、再びゆっくりと曲げながら元に戻します。それを1セットで5~10回を目安に。

◇その2

イスに座ってイスの端に手をつき、背中をかるく丸めます。その姿勢から、手をついたままでゆっくりと上体をおこし、背筋を伸ばします。それをセットで5~10回を目安に。

◇その3

イスに座ってかるく足を開きます。片手でイスの背もたれをもち、もう片方の手で同じ側のひざを押さえ、背もたれにかけた手の方向へ体をひねります。左右交互1セットで5~10セットを目安に。

◇その4

イスを置き、背もたれから1mほど離れた場所に、肩幅より広く足を開いて立ち、イスの背をもちます。イスの背をつかんだまま上体を前に倒し、背中、おしり、ももの後ろの部分がよく伸びたところで10秒静止し、ゆっくりと元に戻します。5回を目安に。



関連記事

大津接骨院の石橋輝美先生による「足の甲刺激」の効果についての解説

腰痛は、日本人に非常に多く、国民病ともいえます。特に、「腰が常に重だるい」「ズンとした鈍痛が

記事を読む

「足抱え体操」が脊柱管狭窄症による腰痛を軽減

腰や背中を丸めた姿勢で座ると腰に負担がかかる どんな腰痛もつらいものです。そのなかでも、治

記事を読む

足のむくみや腰痛、股関節痛の改善に役立つ「足のつけ根もみ」

股関節の動きがよくなり、楽に歩けるように 足のつけ根にある大腿筋膜張筋は、骨盤と大腰骨(太もも

記事を読む

「おじぎストレッチ」は、坐骨神経痛だけでなく間欠性跛行の改善にも有効

脊柱管狭窄症の90%以上に間欠性跛行が起こる 腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)の忍者

記事を読む

なぜ、おなかをもむと腰痛が治るのか

腹筋や背筋を鍛えただけでは慢性腰痛は解消しない 慢性腰痛の場合、改善するには、腹筋や背筋を鍛え

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑