*

腰痛に効果のある背筋を伸ばすストレッチ

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

038

腹筋が弱いと、腰椎の前ぞりが強まり、慢性的に悪い姿勢をとりやすくなります。腹筋の強化に有効な運動は「上体おこし」ですが、これも基礎的な筋力がついていない状態でおこなうと、背中の筋肉や腰椎を傷めるおそれがあります。パワーアップに入る前に、適度なストレッチで筋肉の柔軟性を高めておきましょう。

軽い症状がある人、腹筋力が弱い人に

◇その1

床に仰向けになり、手をお腹の上に置いて、ひざを立てます。背中は浮かさずに、おしりを軽く上げます。そのままの姿勢でお腹を引っ込め、おしりに力を入れてきゅっとすぼめ、5秒静止。静かに力を抜きながら、元に戻ります。10回を目安に。

◇その2

仰向けに横になり、ひざを立てて、胸の前で腕を組みます。お腹に力を入れ、痛みのない範囲で上半身を
もち上げ、5秒静止。そのままゆっくり上体を戻します。10回を目安に。

◇その3

イスに座り、両手をイスにのせます。ややうつむき加減になりながら、片足をゆっくり床から離し、鼻につけるようなつもりでゆっくり引き上げます。腹筋に力が入っているのを意識しながら5秒静止し、ゆっくりと姿勢を元に戻します。左右交互1セットで、10セットを目安に。

症状のない人の腰痛予防に

◇その1

床に仰向けになり、片足を上げて両手で足首をもち、もう片方の足を床から10センチの高さまで上げます。その姿勢のままで上体をおこし、手でつかんだ足のひざを胸のほうに引き寄せ、10秒静止反対の足も同じようにおこないます。左右交互1セットで、10セットを目安に。

◇その2

足を肩幅より広く開いて立ち、ひざをかるく曲げて、手を内向きにひざにあてます。息を吸いながら背中を丸め、頭を下げます。お腹に力を入れて引っ込めながら10秒静止。手はひざについたまま、息をはきながら顔を上げて背筋を伸ばし、今度はお腹を床に近づけるようなつもりで、おしりを突き出します。そのままの姿勢で10秒静止。それを5回線り返します。



関連記事

腸腰筋を効果的にゆるめる「腹もみ」

おなかからアプローチする 腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめ

記事を読む

「おじぎストレッチ」は、坐骨神経痛だけでなく間欠性跛行の改善にも有効

脊柱管狭窄症の90%以上に間欠性跛行が起こる 腰部脊柱管狭窄症(以下、脊柱管狭窄症)の忍者

記事を読む

西洋医学と東洋医学の利点を融合させた遠絡療法による腰痛の改善

西洋医学と東洋医学を融合させて体系化 年々、医療は目覚ましい発展を遂げていますが、病気に苦しむ

記事を読む

「腰振り」を始めてから腰の痛みから解放されスタイルまでよくなった

腰椎分離症による座骨神経痛の鋭い痛みが消えた兵庫県 52歳 主婦の方の体験談です。 背骨の

記事を読む

腰痛持ちの医師が大きな効果を上げた「骨盤落とし」

手術を受けないことを選択 名古屋駅前にある、ほんべ眼科院長の本部千博先生は、20代のころから、

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑