*

背筋を鍛える筋力トレーニング

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

034

立っている姿勢や座っている姿勢を保つためには、腰椎の後方にある脊柱起立筋などの筋肉を緊張させておく必要があります。この筋力が弱いと、負担に耐えきれなくなって損傷をおこしたり、緊張しすぎで血流が悪化したりして腰痛をおこしやすくなります。日々の筋力トレーニングで、背筋力の柔軟性、持久力を高めておきましょうお。

かるい症状がある人、背筋力が弱い人に

◇その1

床に仰向けになり、ひざを曲げて両手でひざをもちます。ひじはまっすぐに伸ばした状態にすること。ひじを曲げながら、ひざを胸のほうに引き寄せ、引きつけたところで10秒静止。引き寄せるときに、頭や上体がもち上がらないように注意してください。10回を目安に。

◇その2

直立した姿勢から、片足をもう一方の足の前に置き、交差させた形で立ちます。前に置いた足のひざを曲げ、手を足の指につけるようなつもりで、上体を前に倒していきます。このとき、後ろに置いた足のひざを曲げたり、左右の足の間隔をあけすぎないように注意してください。

最初は無理をせず、手が届く範囲まででやめ、徐々に体を慣らしていきましょう。左右交互1セットで、5セットを目安に。

症状のない人の腰痛予防に

◇その1

床に仰向けになって両ひざを立て、片足をもう一方の足にかけます。腕は真横に伸ばします。その姿勢から、上に組んだ足の方向へ下半身をゆっくり倒していきます。このとき、顔は足を倒した方向と反対側に向けるようにします。肩と背中は床から離れないように注意してください。

ゆっくりと元に戻し、足を組み替えて反対側も同様におこないます。左右交互1セットで5回を目安に。

◇その2

両足を30センチほど開いて床に立ち、背筋を伸ばして、両手を頭の後ろで組みます。背筋とひざを伸ばしたまま、ゆっくりと上体を前に倒し、斜め45度の角度で10秒静止し、再びゆっくりと体をおこします。10回を目安に。



関連記事

「足の筋肉はがし」の効果で、薬やリハビリが効かない腰痛もほぼ解消!

足の筋肉はがしで、腰痛の改善者が増えています。 実際の症例をいくつかご紹介しましょう。

記事を読む

今起こっている腰痛を早めに改善したい時は「鼻の横押し」と「ストレッチ」

その場で緊張が取れる! 日常生活の中で、ちょっとした無理や油断をすることで起こる、腰痛。そんな

記事を読む

腰痛に効くおなかもみは1週間ほど続けると効果的

触れることのできるインナーマッスル それではここで、おなかもみの方法を紹介しましょう。おなかも

記事を読む

腸腰筋を鍛えて腰痛を防ぐ「正しい歩き方」

癖のない正しい歩行とは 正しい姿勢で歩くことは、一歩ごとに自分で自分の体をケアしていること

記事を読む

「手のひら刺激」で心と体の状態がよくなり、腰痛や高血圧が改善

沈みがちな気分がたちまち晴れた東京都 45歳 セミナー講師 女性の方の体験談です。 心と体

記事を読む

  • 寝ている間に腰の痛みが解消
  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑