*

腹筋を強くする筋力トレーニング

公開日: : 腰痛を改善する運動・動作

032

健康な状態の腰椎は、側面から見ると前方にゆるやかな凸型のカーブを描いています。背筋のトレーニングとあわせて腹筋のトレーニングをおこなうことで、このカーブをきれいに保ちましょう。

軽い症状がある人、腹筋力が弱い人に

◇その1

床に座って両ひざを立て、手でももの後ろを支えます。ももの後ろをつかんだまま、背中をゆっく叶と後方に倒し、がまんできなくなったら、ゆっくりと元に戻ります。かかとは床から離さないようにしてください。10回を目安に。

◇その2

床に仰向けになって両ひざを立て、片手を耳のあたりにそえます。もう一方の手を反対側の足の方向に伸ばし、ひざに触れるようなつもりで、上体をかるくひねりながらゆっくりともち上げ、そのまま5秒静止。反対側も同様におこないます。左右交互1セットで、5セットを目安に。

◇その3

イスを用意し、床に仰向けになって足首をイスの座面にのせ、両手を頭の後ろで組みます。ひざの角度は直角になるようにします。その姿勢から、ゆっくり息を吐きながら、上体をがまんできるところまでおこし、5秒静止。息を吸いながら、ゆっくりと元に戻ります。10回1セットで、1~2セットを目安に。

症状のない人の腰痛予防に

◇その1

イスにやや浅めに腰かけ、両足を伸ばします。腕をまっすぐにして手でイスの端をつかみ、足を床から10センチほど離します。ひざをゆっくりと曲げながら足を上げていき、ひざの角度が直角になったところで10秒静止し、再びゆっくりと足をおろします。それを1セットで、10セットを目安に。

◇その2

床に仰向けになり、手を腰の下に置きます。足を空中に上げ、自転車のペダルを踏むように上下に動かします。足踏み20回を1セットとして2~3セットを目安に。

◇その3

床に仰向けになり、手を頭の後ろで組みます。その姿勢から、右足のひざを曲げながら上体をおこし、左手のひじを右足の立てたひざに近づけるようなつもりで上体をよじり、5秒静止。反対側も同様におこないます。左右交互1セットで10回を目安に。



関連記事

腸腰筋を効果的にゆるめる「腹もみ」

おなかからアプローチする 腸腰筋は体の深部にある筋肉です。しかし、治療家でなくても自分でゆるめ

記事を読む

ギックリ腰の激痛がその場で楽になる「ひざ倒し」

冷えた状態で無理な姿勢を取ると起こる 「魔女の一撃」と言われるように、ある日突然起こるギックリ

記事を読む

「おじぎストレッチ」でふだんより長い距離を一度に歩ける

「おじぎストレッチ」はすぐに効果が出る 清水整形外科クリニック院長の清水伸一先生は、間欠性

記事を読む

肩こり・腰痛に効く腕立て伏せ

腕立て伏せは、腹筋と背筋の両面を同時にバランスよく鍛えるうえで効果の高い運動です。ここでは、

記事を読む

ギックリ腰に即効性が期待できる「指組み」

ギックリ腰を起こす要因は筋肉の過緊張 ギックリ腰は、「魔女の一撃」と呼ばれるように、ふとしたひ

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑