*

腰痛になりやすい年代と職業

公開日: : 腰痛の知識, 腰痛を予防する生活術

026

腰痛になりやすい年代

腰痛が発症する年代は、腰痛の原因となる病気によっても変わります。

もともと腰痛は、中高年の世代に多い病気でしたが、成長期にある小学生や中学生にもよくみられるようになりました。

15才以下の年齢の腰痛は、全体の約3%ですが、最近の傾向として中高年と同じように椎間板ヘルニアや脊椎分離症などによって起こる腰痛がふえています。

その原因は、スナック菓子の食べすぎや運動不足による骨の劣化、テレビゲームや受験勉強による体力の低下などが考えられますが、逆に、はげしい運動のしすぎで椎間板ヘルニアや脊椎益症を起こす子どもたちもいます。

20代、30代は、まだ体が若々しく働き盛りの世代なので、スポーツや作業で無理しがちです。そのために腰を傷め、椎間板ヘルニアや脊椎分離症、脊椎すべり症を引き起こして腰痛になるケースがよくみられます。

40代、50代、60代になると、体の老化による腰痛がふえます。原因には、脊椎の関節が摩耗したり損傷して起こる変形性脊椎症や、量が減って骨がもろくなる骨粗しょう症などがあります。

腰痛になりやすい職業

腰痛を起こしやすい職業には、主に2つの傾向があります。

ひとつは「長時間、同じ姿勢をとりつづける職業」で、事務などデスクワークが中心の人やコンピュータのオペレーターなどです。また、タクシーやトラックのドライバーも同様です。

これらの職業についている人は、無意識に背中を丸めるなど姿勢が悪くなっていることが多く、筋肉疲労性の腰痛や椎間板ヘルニアなどの症状を引き起こしがちです。腰痛を避けるためには、正しい姿勢をとる、仕事の合間に軽く体を動かす、腰への負担の少ないイスを利用するなどの方法があります。

もうひとつは「腰に負担のかかる不自然な姿勢を強いられる職業」で、販売員、ウエイターなどのホール接客業、調理師、看護師、スチュワーデス、教員などの立ち仕事が多い人です。これらの職業では、不自然な姿勢を長時間つづけることが腰の障害畳引き起こす原因となっています。

これらの職業についている人でも、休憩時間に軽く体操をして体をほぐす、休養をしっかりとって腰に疲労をためないなどの注意を怠らなければ腰痛を防げます。



関連記事

医師が答えてくれる腰痛Q&A その2

腰痛に関する代表的な質問に対して、東京大学医学部附属病院特任准教授の松平浩先生に答えていただ

記事を読む

腰を痛めない姿勢で座る

前屈、後屈の姿勢は避ける 背筋を伸ばした状態が腰にとってよいことは、立っているときも座っている

記事を読む

腰痛を予防する入浴法

ちょっと熱めのお湯がおすすめ 一般には、就寝前にはぬるめのお風呂にゆったりつかることが、副

記事を読む

人間の腰には大きな力がかかっている

腰椎を中心に体のバランスを保つ 人間の体は、腰椎を支点として、前方の上半身の重さと後方の腰

記事を読む

非特異的腰痛では、できる範囲で普段の活動を続けることが大事

普段の生活をしたほうが、結果的に改善する 「腰痛には安静が必要」という思考そのものが、「動けば

記事を読む

  • 腰痛改善ストレッチ【福辻式】
PAGE TOP ↑